ニュース

溝端淳平“根津”の行動に「ムーブが男子高校生」とツッコミ、凛々子と仁和の過去にも注目集まる…「ゴシップ」7話 | .

黒木華が主演する「ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇」の7話が2月17日オンエア。凛々子と虎太郎の仲が気になる根津に「ムーブが男子高校生」などの声が上がる一方、凛々子と仁和の“過去”にも多くの注目が集まっている。

他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、優れた洞察力を持つ主人公の瀬古凛々子を黒木さんが演じる本作。物語は大手出版社・クスノキ出版のニュースサイト「カンフルNEWS」で編集長を務めることになった凛々子が、真実を追求するなかで、自らも過去も知られるところとなり…という完全オリジナル社会派風お仕事エンターテインメントが展開。

黒木さんのほか、会社によく寝泊まりしている編集部員の根津道春に溝端淳平。凛々子を過去を知り、彼女をカンフルNEWSに送り込んだクスノキ出版執行役員・仁和正樹に安藤政信。凛々子の中学時代の“友人”の弟だったフリーカメラマン・笹目虎太郎に寛 一 郎。

少年マンガ誌「ジャンクス」編集部に入りたかった一本真琴に石井杏奈。祖母の介護をしている下馬蹴人に野村周平。元エース記者で今は1人で息子を育てる椛谷静司に野間口徹。恵まれた環境で育った真琴の同期・矢部涼介に一ノ瀬颯。凛々子たちが通う薬膳カフェ「黄実子」店長・黄実子にりょうといった顔ぶれも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

凛々子が笹目を「カンフルNEWS」のカメラマンとして迎える。しかし突然の発表に編集部員たちは困惑を隠せない。そんななか編集会議で占いができるネコが話題にのぼる。「私が行く」と積極的な凛々子に、「じゃあ僕も行きます」と同行を申し出る虎太郎。取材先に行くとなぜか根津もついてくる。

取材後、占いネコ・たまこの写真を撮りたいという虎太郎に、飼い主の武藤梢(川添野愛)は、自分も入れて写真を撮って欲しいと言い出す。さらに編集部に現れ追加で記事をあげて欲しいと言い出す。実はたまこは、梢がマッチングアプリで知り合った男性から預かった猫で、男性は長期出張に行くと言ったまま連絡が取れなくなり、梢は彼に見つけてもらおうと積極的に取材を受けていた。しかし男性には妻子がいて…というのが今回のストーリー。

凛々子と虎太郎が接近することが気になって、ネコアレルギーにも関わらずネコの取材についてくる根津に「ついてきてるのかわいい!!」「根津くんかわいすぎか」「ムーブが男子高校生ですよ、根津くん」などの声が上がる。

凛々子のことが気になる根津だが、居酒屋で元カノ・元カノ・阿久津舞衣(小林涼子)と再会。彼女から「やり直せないかな」と“告白”される…動揺する根津に「おい根津!!自分の気持ちに気づいてんだったら早くしないとさあ!元カノとの気持ちで揺らいでる場合じゃないんだよ!」「根津くんー!!元カノじゃなくて編集長とうまくいってくれ」といった声も多数。

一方、終盤での凛々子と仁和の会話から、16年前、凛々子と彼女の家族の死に仁和が深く関わっているらしいことが示唆された。このやり取りにも「仁和さんが、実は16年より前から繋がりがあったとかいう…」「仁和さんと凛々子の間に何があったの!?」「16年前なにがあったというの。それに仁和さんが関係してるとか」などといった声が寄せられている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close