ニュース

白石麻衣、“目と声”の演技で蘭子を魅力的に表現 ドラマ版「嘘喰い」新場面写真 | .

現在配信中のdTVドラマ「嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-」より、白石麻衣演じる最狂女組長・鞍馬蘭子が、非情な表情を見せる新たな場面写真が公開された。

佐野勇斗&白石麻衣W主演で贈る本作は、現在公開中の映画『嘘喰い』に登場する人気キャラクターたちによる、もう一つの“騙し合いゲーム”を描くオリジナルドラマ。

第1話と第2話(2月18日配信)にあたる「鞍馬蘭子篇」は、映画とリアルタイムで進行するもうひとつの物語。劇中、快楽殺人者・九重太郎とのデス・ゲームで負傷した獏(横浜流星)を自宅で匿っている間の蘭子の物語という構成で、映画を観た人の表情が思わず崩れてしまう仕掛けはもちろん、未鑑賞者でも楽しめるストーリーとなっている。

自身とは真逆だという蘭子を演じるにあたって白石さんは「ちょっとした力加減で見え方が変わるので目のお芝居というのを監督とも話し合って意識しました。今の蘭子があるのは(鞍馬蘭子篇で登場する)過去に色々あったからで、同じ女性が見ても格好いいなと思える瞬間がいっぱいあると思います」とコメント。到着した場面写真では、鋭く相手を見抜いて容赦なく見下すような冷酷な表情が切り取られている。

また、天性の勝負勘とサディスティックな戦術を繰り広げる、泣く子も黙る女博徒の迫力を表現するため、「普段の高めの声を抑えて、ドスの聞いた低いトーンの力強い声をお腹から声を出すようにしました」と語っており、本作ではそんな貫禄溢れる蘭子に注目だ。

「嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-」はdTVにて独占配信中(全4話)。

『嘘喰い』は全国にて公開中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close