ニュース

向井理×北村有起哉で“おとりよせグルメ”漫画&小説をドラマ化「先生のおとりよせ」4月放送 | .

向井理と北村有起哉の共演で、実在する「おとりよせグルメ」を軸に漫画と小説のリレー形式で紡ぐ作品を連続ドラマ化した「先生のおとりよせ」がテレビ東京ドラマ25にて4月から放送することになった。

物語を繰り広げるのは、不愛想な官能小説家と明るくフェミニンな漫画家。正反対な2人が共同で作品をつくることをキッカケに始まる、「おとりよせライフ」を描く。

2人は出会う前からお互いの作品のファンであったものの、実際に会ってみると想像とは違うルックス・性格にショックを受ける…。そんな2人が、唯一「おとりよせ」の趣味が合うという共通点から徐々に心を開いていく。全国津々浦々の「おとりよせ」の品々と、美味しいものには飽くなき探求心を見せる作家2人の、笑えて、時にはグッとくる新感覚コメディ×グルメドラマだ。

主人公で官能小説家・榎村遥華役を演じるのは、現在放送中のドラマ「婚活探偵」(BSテレ東)でも主演を務め、「着飾る恋には理由があって」(TBS)や舞台「劇団☆新感線 狐晴明九尾狩」など、数々の人気作に出演する俳優の向井理

小説家・榎村とタッグを組んでコラボ作品を執筆することになる、明るくフェミニンで漫画家・中田みるく役を演じるのは、映画『すばらしき世界』、ドラマ「ムショぼけ」(ABC)、舞台「願いがかなうぐつぐつカクテル」など、様々なジャンルで活躍している北村有起哉。確かな実績を持つ向井さん、北村さんが演じる個性的な2人の作家と、実食シーンにも注目。また、物語を彩る、そのほかの登場人物とのサイドストーリーも見どころの1つとなる。

「今の時代を反映する『おとりよせ』をまた違う角度から楽しんでもらえるのではないかと思います」と語る向井さんは、「実際に素晴らしいおとりよせ品をいただけるとのことなので、台本を読んでいるだけでニヤけています」と打ち明け、「おとりよせに一喜一憂する出演者達を、肩の力を抜いて笑って見ていただけたら」とコメントを寄せる。

また、向井さん演じる榎村の作品を崇拝しており、コラボを受諾する中田を演じる北村さんは、「小説家と漫画家の2人の関係が面白くて、色々な芝居が楽しめそう」と語り、「水と油の関係の2人の先生の丁々発止をお楽しみください」とコメント。「毎週深夜にオススメのおとりよせを食べさせてもらいますけども、テレビの向こうの皆さんを羨ましく思わせてしまうことを心苦しく思いながら、ありがたく存分に味わいたいと思います」と語る。

原作者である漫画家・中村明日美子は、ドラマ化に際し「作者の1人として身に余る光栄です」と語り、「全体的にちゃらんぽらんな内容のようでいてその実、仕事や家族や友人のことを大切に思う心をお取り寄せでまるっとまろやかに包み込む…そんな優しく温かいドラマになっているのではないでしょうか」と期待を寄せる。

「おふたりがどんなケミストリーを見せてくださるのか、とても楽しみ」と言う小説家・榎田ユウリも、「このドラマでみなさまのハートがホッコリし、お腹がグゥ~と鳴っちゃって、そして大切な人と美味しいものをシェアしたい気分になっていただけたら、原作者としてなによりの喜びです」と語っている。

ドラマ25「先生のおとりよせ」は4月、毎週金曜深夜0時52分~テレビ東京ほかにて放送。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close