ニュース

柄本佑“三船”の記憶が蘇っていく様に「顔が全然違う」「喋り方が凄かった」など絶賛の声…「ミステリと言う勿れ」4話 | .

菅田将暉月9初主演作となる「ミステリと言う勿れ」の4話が1月31日放送。三船が記憶を取り戻していく様に「記憶が戻ったときの喋り方が凄かった」など、柄本佑の演技に絶賛の声が集まる。「ドクターホワイト」との“振り幅”も話題を呼んでいる。

菅田さんが演じる、天然パーマがコンプレックスで、友だちも彼女もおらずカレーをこよなく愛する大学生・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく新感覚ミステリーとなる本作。

菅田さんのほか、過去に誤認逮捕によるえん罪事件を起こし左遷された刑事・青砥成昭に筒井道隆。お調子者キャラで署内のムードメーカー的存在だが、出産を控えナーバスになっている妻がいる池本優人に尾上松也。社会の警察組織の中でいつまで経っても刑事として独り立ちできず、心が折れそうな日々を送っている風呂光聖子に伊藤沙莉といった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

久能整のスマホに風呂光から着信が。出てみると事件の謎解明を手助けしてほしいという。その事件とは闇サイトにアップされた爆破予告場所の特定。予告にはアルファベットの暗号文が付記されているが警察官たちは解明出来ない。昨日は品川に仕掛けたとアップされたが、幸い予告にビルが特定されたため爆弾が発見されて未遂に終わった。しかし今回は大隣署管内に仕掛けられたため、池本が整に協力を求めようと風呂光を向かわせたのだ。

整は暗号文の謎を解くが何かが引っかかっていた。そんななか容疑者が割り出され取調べを受けるが犯行を否定。容疑者をほぼクロと確信する池本と風呂光だが、青砥はアドレスが簡単に特定出来たため濡れ衣ではないかと疑う。その後、青砥の懸念通りに3度目の予告がアップされる。

一方、路上で三船三千夫(柄本佑)が車に轢かれる。予告のことも三船が車に轢かれたことも知らない整は雨の中、食事に出かけようと川べりを歩くが、そこで歌を口ずさむ三船と出会う。三船と話した整は男が記憶を失っていることに気づく。話を進めるうちに少しずつ自らの生い立ちを話し始める三船。そして整は彼が爆破予告の犯人だと確信する…というのが4話の展開。

ある時点を境に完全に記憶が蘇る三船三千夫…「柄本佑さん、すごい。記憶喪失の時と記憶が戻ってからの顔が全然違う」「明らかに雰囲気が変わった。おおげさじゃないのに、ほんのちょっとのことなのに、別人になった」「柄本佑さんの記憶が戻ったときの喋り方が凄かったなーしらばっくれてる感が良かった」など、その変化を見事に演じた柄本さんに絶賛の声が送られる。

また柄本さんは本番組に続いて放送される「ドクターホワイト」にも出演中。本作との役柄の差にも「ミステリという勿れの柄本佑めちゃくちゃ怖い、22時からは爽やか(?)柄本佑だから振り幅えぐい」「ミステリと言う勿れ終わってすぐドクターホワイトの予告流れたけど、柄本佑別人すぎる」などの反応が続出中だ。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close