ニュース

松岡昌宏“拓郎”に「怖すぎてドラマに集中出来ない」の声、成田凌“藤木”への人工呼吸にもSNSざわめく…「逃亡医F」第3話 | .

成田凌が逃亡する医師を演じる「逃亡医F」の第3話が1月29日放送。松岡昌宏演じる拓郎の行動に「犯人すぎるくらい毎回大暴れ」「お兄さんの方が人殺しそう」などの声が上がるなか、次回予告で映し出された藤木と拓郎の“人工呼吸”もSNSをざわつかせている。

医療知識と天才的なオペ技術、そして例え犯罪者でも目の前に患者がいれば治療するという“医手一律”の精神を持つ藤木圭介が、研究医で同僚でもある恋人を殺害した容疑をかけられ、鳴海健介と名を偽り、恋人の死の真相を突き止めるため逃亡する…という本作。

キャストは逃亡中も手近にある器具を駆使して手術を行い、人の命を救ってきた藤木に成田さん。逃亡中の藤木に助けられ、その後逃亡先に現れてともに事件の謎を追うようになる沢井美香子に森七菜。藤木が妹の妙子を殺したと思い後を追う、元レンジャー部隊の八神拓郎に松岡昌宏。帝都医大の研究医で藤木の恋人だったが転落死したとされる八神妙子に桜庭ななみ。

妙子とは中学時代からの親友で、今はバイオベンチャー「バイオネオ」執行役員の烏丸京子に前田敦子。藤木の後輩の脳外科医で妻が重病の長谷川輝彦に桐山照史(ジャニーズWEST)。藤木が事件の鍵を握る人物として追う帝都医大教授で微生物の権威の都波健吾に酒向芳。「バイオネオ」の研究者で、1話では崇拝する佐々木に涙を舐められた幹こずえに堺小春。医療・製薬業界のみならず政財界や警察にも太いパイプを持つ「バイオネオ」のフェロー・佐々木世志郎に安田顕といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

都波を探す藤木は、香川(升毅)の店にいる美香子に連絡。路線バスで落ち合う。藤木は都波が店に現れたら自分に連絡して欲しいと告げ、再び美香子の前から姿を消す…しかし美香子が香川の店に戻るとそこには藤木の姿が。美香子からもらった店のまかない弁当の味に違和感を感じて店に戻って来たと話す藤木は、香川が耳が聴こえづらそうにしていたこともあり、彼が味覚障害と聴覚障害を同時に引き起こしていると疑っていた。香川は自分が聴神経腫瘍を患っていることを明かす。料理人として味覚障害が治らないことを恐れる香川は治療を拒否していた。

その後娘の結婚式でハンバーグをサプライズ提供しようとする香川だが、調理中に症状が悪化。会場のなかで藤木は手術に踏み切る。一方ホテル従業員が藤木に気付き、ホテルは警察に囲まれる。さらに香川の店には荷物を取りに都波が戻り、美香子は都波を連れホテルに向かう…というのが3話の展開。

筋川(和田聰宏)たちに縛られ放置される拓郎だが、自力で縄を切り脱出。警察に包囲された藤木の前に現れると、警官たちを全員倒し制服を奪い、警官のふりをして藤木を連れ出す…拓郎の行動に「松岡さん凄い。無双」「松岡くんが犯人すぎるくらい毎回大暴れ」「明らかに藤木よりもお兄さんの方が人殺しそうじゃんね笑」「松岡くんが毎回怖すぎてドラマに集中出来ない」などの声が続々。

連れ出した藤木に激しい暴行を加える拓郎だが、本編終了後に流れた次回予告では、意識を失った藤木に人工呼吸していると思われるシーンも…「まじで人工呼吸謎すぎて次回も気になっちゃう」「予告の人工呼吸シーンにすべて持っていかれてしまった…」といった反応が続出中だ。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close