ニュース

死の理由を知る人物とは…?『HOMESTAY』重要人物たちの場面写真公開 | .

森絵都の小説「カラフル」を実写化したAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』より、謎を解くためのカギを握る重要人物たちの場面写真が公開された。

>>Amazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、一度死んでしまった高校生・小林真の身体に乗り移ることになった魂・シロが、100日間という期限の中で真の死の真相を探っていくミステリー作品。

「なにわ男子」長尾謙杜が演じる、爽やかな笑顔を覗かせるシロは、死の淵から目覚めると、真の身体に乗り移ることになり、半ば強制的に本当の死の原因を突き止めなければ死、という究極のクイズを課される。そんな難役に挑戦した長尾さんは「シロは自分自身、そして真のことは大親友のような存在だと思って演じました。そうすることで真が傷つけられると本当に腹が立つし悲しみを感じるようになり、役を演じようとするのではなく、自然と役が近づいてきてくれました」と演じる際に意識したことを明かしている。

また、制限時間を告げる砂時計を手に、怪しい笑みを浮かべるのは、濱田岳扮する“管理人”。シロの前に突然現れ、究極のクイズをあっけらかんと告げる謎の管理人は、今回公開された看護師だけでなく、学校の先生やストリートミュージシャン、小さな女の子など、様々な人物に姿を変えてシロの前に現れる。

一方、物憂げな表情を見せているのは、実は真のことを気にかけている真の幼馴染み・晶(山田杏奈)。途中で正体がバレたらクイズ終了となってしまうシロにとっては、気を付けなければいけない相手だが、幼いころから真を知る晶の存在は、シロが本当の真の姿を知るためには欠かせない。

橋の上で笑顔で電話をしているのは、真の学校の先輩・美月(八木莉可子)。真は密かに憧れを抱いており、真の死に隠された真相を握る重要な人物でもある。シロは美月との関わりを通して、真が知りえなかった大切なことに気付く…。

さらに、何か思いつめた表情を見せるのが真の家族。仕事が忙しく、なかなか家族との時間がとれない父・治(佐々木蔵之介)と、母・早苗(石田ひかり)、兄の満(望月歩)の3人は、真が元気に学校に通うようになったことに安堵しつつも、どこかぎこちない態度。シロは、少しずつ膨らむ疑念を胸に秘めながら、やがて真の部屋で“真の記憶の断片”と思しき重要な発見をすることになる。

Amazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』は2月11日(金・祝)よりPrime Videoにて世界独占配信。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close