ニュース

吉高由里子「令和に残すのが私の使命」大正時代の女性解放運動家に!「風よ あらしよ」制作 | .

吉高由里子が大正時代の女性解放運動家・伊藤野枝役で主演し、村山由佳の評伝小説を原作にしたドラマ「風よ あらしよ」が制作されることが決定。永山瑛太松下奈緒稲垣吾郎が共演する。

100年前、筆1本の力で、結婚制度や社会道徳に真正面から異議を申し立てた伊藤野枝。あふれんばかりの情熱をただ一つのよりどころに。自由を求めて奔放に生き、文筆家としてさらに開花しようとした矢先、理不尽な暴力がわずか28歳の彼女の命を奪う。貧困・ジェンダー格差など、現代に通じる社会矛盾に果敢に立ち向かったその生涯は、閉塞感に満ちた現在をいま強烈に揺さぶるはずだ。

吉川英治文学賞を受賞した村山由佳の原作を、向田邦子賞受賞の矢島弘一が脚本を担当、吉高由里子が主人公・伊藤野枝を演じ、自由を守ろうと懸命に生きた女性の“炎”を描く。

また、永山さんが演じるのは、日本を代表するアナキスト・大杉栄。自由恋愛を実践し、刃傷沙汰にもなるが次第に野枝とベストパートナーとなっていく。

永山瑛太

松下さんは「元始、女性は太陽だった」の言葉でも知られる、平塚らいてう役に。日本初の女性による女性のための文芸誌「青鞜」を創刊し、日本の女性解放運動の象徴的な存在を演じる。

松下奈緒

そして稲垣さんが演じるのは、翻訳家・思想家の辻潤。野枝の女学校の教師で、最初のパートナー。野枝の文才を見出した。

稲垣吾郎

伊藤野枝を演じる吉高さんは、「台本を見た瞬間、分厚さに驚き、読み終えると、見た目の分厚さの何倍もの重量が心に覆いかぶさってきて、自分の中に取り込んだ情報を紡ぐのに、しばらく動けませんでした」とふり返り、「文字の一つ一つの意志がとても強く、この作品を撮影するなかでどれだけ揺さぶってくる日々がくるのかと、これは大きな覚悟が必要だと感じました」と吐露。

「1人の女性が危険と恐怖に戦いながら、命懸けで現代に残してくれた叫びを令和に残すのが私の使命だと思って怯えながらも、頑張ります」と改めて決意を語っている。

吉高由里子

あらすじ

いまから100年前の大正時代、平塚らいてうは「元始、女性は太陽だった」と宣言を出し、男尊女卑の風潮が色濃い世の中に反旗を翻し、喝采した女性たちは社会に異を唱え始めた。

福岡の片田舎で育った伊藤野枝は、貧しい家を支えるための結婚を蹴り上京。自由を渇望し、あふれんばかりの情熱を武器にらいてうの青鞜社を支え、やがては時代の“若きアイコン”となっていく。第一の夫、ダダイスト・辻潤との別れ、生涯のベターハーフとなる無政府主義者・大杉栄との出会い、波乱万丈の人生をさらに開花させようとしたやさきに関東大震災勃発。理不尽な暴力が彼女を襲うこととなる…。

特集ドラマ「風よ あらしよ」はNHK BS8Kにて3月下旬、BSプレミアム、BS4Kにて秋、放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close