ニュース

3人家族が見つめる先に待つ困難な運命…『ブルー・バイユー』メインビジュアル&場面写真 | .

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた注目作『ブルー・バイユー』より、メインビジュアルと場面写真が解禁された。

>>『ブルー・バイユー』あらすじ&キャストはこちら

『トワイライト』シリーズなどに出演し俳優として知られ、監督としても数々の賞を受賞している韓国系アメリカ人、ジャスティン・チョンが監督・脚本・主演を務める本作。韓国で生まれわずか3歳でアメリカに養子に出された男が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で強制送還の危機に瀕し、制度と運命に翻弄される姿を描く。

ジャスティン演じる主人公アントニオの妻キャシー役には、2015年『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”に落とされてしまった男と、その家族が突然の不幸に揺れ動く姿を美しい映像と共に力強く映し出していく。

この度解禁された場面写真では、キャシーとアントニオが身を寄せダンスする姿や、キャシーの元交際相手で警官のエースがパトカーの中から何かを見つめる様子、アントニオと友人のパーカーが路上で立ち話する様子や、留置場にアントニオを迎えに来たキャシーがガラス越しに早く夫を解放するよう訴える表情などが切り取られている。

併せて解禁されたメインビジュアルでは、アントニオと、妻のキャシー、そしてキャシーの連れ子で幼い娘のジェシーの家族3人で車に乗っている場面が切り取られている。運転席の窓ガラスには警察官の制服が反射して映り込んでおり、外の様子を伺う3人の不安げな表情と、「家族と共に暮らしたい。ただ、それだけ。」というコピーが、この後3人を待ち受ける困難な運命を予感させる。

『ブルー・バイユー』は2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close