ニュース

高橋一生“露伴”のセリフに賞賛の声、市川猿之助の怪演も「全て完璧で神配役すぎる」と話題に…「岸辺露伴は動かない」5話 | .

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する岸辺露伴を主人公にした「岸辺露伴は動かない」の第5話が12月28日オンエア。SNSでは、物語の終盤で露伴が放ったセリフに賞賛の声が殺到。乙雅三を演じた市川猿之助の“怪演”も大きな反響を呼んでいる。

荒木飛呂彦原作「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのスピンオフ「岸辺露伴は動かない」をドラマ化、昨年放送された3作に続き、3エピソードを連続放送中の本作。

特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を駆使する岸辺露伴を高橋一生が演じるほか、露伴の担当編集・泉京香を飯豊まりえが演じ、2人を中心にストーリーが展開。今回の5話では、リゾート開発のため露伴が買い取った山を買い戻そうとする乙雅三役で市川猿之助が出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

坂について調べる京香は“平坂”を調べる。平坂には“「かごめかごめ」が聞こえる時、振り返った者は神隠しにあう”という都市伝説があった。京香が平坂を歩いていると横断歩道の信号の音声が“かごめかごめ”に変わる。彼女の背後に迫るたくさんの手…だがそこで会社から電話が来て京香は難を逃れる。

京香が露伴の家を訪ねたのと入れ替わりで、露伴の家に乙雅三が尋ねてくる。家の中に招き入れる露伴だが、乙は背中を壁につけたまま入ってくる。決して露伴に背中を見せようとしない乙に対し、猛烈に好奇心をかきたてられた露伴は鏡を使って彼の背中を見るのだが、その瞬間乙の背中から何かが剥がれ、その“何か”は乙の姿で露伴の背中に“憑りつき”「六壁坂を返して」と繰り返す。

背中に憑いた“何か”を六壁坂に返すため外に出る露伴。露伴が平坂に着くとそこに京香が現れる。露伴は京香に背中を確かめるよう促した時、京香の方を振り向いてしまった“何か”は黄泉の国に連れられて行く…というのが5話の展開。

その際に、露伴が放った「余裕たっぷりのやつが慌てる姿は面白い」というセリフに「いかにも岸辺露伴がいいそうな性格悪いやつ……!!」「こんなに大ピンチなのにまず面白そうな方法を試す岸辺露伴ってマジで性格悪いし面白い男」「最高に性格悪いな岸辺露伴(笑)(笑)大好き(笑)(笑)」「感動するほど性格悪い岸辺露伴最高すぎ」などの“賞賛”の声が殺到。

「チープ・トリック戦はホントに原作通りで感動した。アレンジも上手く効いてて非常に完成度高い」「チープ・トリックをあんなにきれいに世界観に落とし込んでしまうとは…!!!」と評価する原作ファンの声もSNSに溢れる。

また乙役の市川さんにも「市川猿之助の怪演は本当に『凄まじい』の一言に尽きるものだったな…」「怪演ぶりが凄く引き込まれて、見ていて手に汗握るよう」「市川猿之助の演技がキモ怖くて最高だった」「乙雅三=市川猿之助が全て完璧で神配役すぎる」など、その演技がSNS上で絶賛されている。「岸辺露伴は動かない」は放送から7日間はNHKプラスで視聴可能。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close