ニュース

野村萬斎“蜂須賀”の告白に「好感度爆上がり」の声、“すれ違いラスト”にも様々な反応が集まる…「ドクターX」第7シリーズ最終回 | .

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズが12月16日の放送でフィナーレを迎えた。視聴者からは蜂須賀の「パートニャー」“告白”に「好感度爆上がり」などの声が続出。“すれ違いラスト”にも様々な反応が寄せられている。

100年に1度のパンデミックのなか、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」では感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、代わってメスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。内科部長が病院を牛耳るなか、未知子が舞い戻る…というストーリーが展開してきた本作。

「いたしません」「私、失敗しないので」といった名セリフでおなじみ、フリーランスの外科医の大門未知子を米倉涼子が演じるほか、ケミカルサージェリーを推進、感染研究センターの設立に注力してきた矢先、がんが発覚。さらに新型ウイルスにまで感染する蜂須賀隆太郎に野村萬斎。未知子と同じく「神原名医紹介所」に所属するフリーランスの麻酔科医・城之内博美に内田有紀。

東帝大学病院の外科リーダーを務める加地秀樹に勝村政信。中国から帰ってきて東帝大学病院に復帰した原守に鈴木浩介。元外科部長・海老名敬に遠藤憲一。看護師の大間正子に今田美桜。広報室長の三国蝶子に杉田かおる。

海外ではホワイトジャックと呼ばれ、東帝大学病院にやってきた興梠広に要潤。未知子が「師匠」と慕う神原名医紹介所所長の神原晶に岸部一徳。今シリーズでは院長代理として分院に追いやられた蛭間重勝に西田敏行といったキャストが出演した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

自らのがんの手術を未知子に依頼する蜂須賀。執刀を頼まれた未知子は100%の成功を誓うが、その矢先、感染研究センターが蜂須賀自身の手で封鎖される。センターを見学した海外の感染症研究所所長が帰国直後、新型ウイルスに感染。病院内からも日本国内初の感染者が一人出た可能性が浮上し、蜂須賀は院内の人間に避難を促し自らを隔離する。そんななかでも未知子は蜂須賀のオペを翌日に実施しようとするが、蜂須賀は自分が感染していることを明かし手術を拒む…限界を迎え倒れた蜂須賀を未知子は手術室に運び、城之内や加地、原、海老名、さらに興梠も加わって蜂須賀の手術が行われる…というのが今回のストーリー。

レギュラーメンバーに興梠も加わっての手術シーンに「蜂須賀先生の手術のシーンは鳥肌たった」「今までで一番すごい手術…大門未知子先生の100%のオペ感動しました」「ワンマンじゃなく仲間で手術したのが熱かった」といった反応が寄せられる。

そして回復した蜂須賀は再びアフリカに旅立つことを決めるのだが、その際「一緒に…いかがですか」と未知子に対し、ともにアフリカに来て欲しいと伝える。緊張のためか普段のクールな蜂須賀とは思えないほどたどたどしい口ぶりで「感染バカと手術バカは最高の“パートニャー”になるんじゃないかなと…」と、未知子に“告白”する蜂須賀に「パートニャー発言にはキュンときたな」「パートニャーってかみかみの蜂須賀本部長可愛い」「蜂須賀先生の告白めちゃくちゃ可愛くて好感度爆上がり」などの声が続出。

しかし空港で待つ蜂須賀のもとに未知子は現れず、彼は1人アフリカに旅立つ。その頃未知子は寿司屋で蜂須賀を待っていた…。蜂須賀の“アフリカで未知子とタコが食べたい”という誘いを、未知子は行きつけの寿司屋でいつものようにタコが食べたいという意味だと勘違い。2人が“すれ違い”で終わったラストだったが、これにも「最後ハッチがひとりで空港で待ってるの切なかった・・」「続編SPとかで二人でタコ食べてほしい」「次はぜひ最高のパートニャーかタコENDをお願いします!」といった感想が寄せられている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close