ニュース

田中圭“神保”と安田顕“安堂”の新バディに「相性ばっちり」「楽しみ」と期待も…「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」 | .

田中圭が「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」が10月15日からスタート。田中さん演じる神保がスイーツを食べて口にした「甘~い」に「可愛い」の声が集中。安田顕演じる安堂とのコンビにも「相性ばっちり」「最高のバディ」といった感想が送られている。

小学館ビッグコミック増刊号で連載された作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の人気漫画「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を原作に、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者と昔ながらの熱血刑事が難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫っていくという本作。

周りからは奇人と思われつつも32億ある配列を全て記憶しており、趣味は個人的なDNAデータベースを作成することという聖ヘリックス大学医学部のゲノム解析学研究室准教授、神保仁を田中さんが。捜査には経験と勘が一番だと思っている現場叩き上げ、涙もろく直情型の昭和な熱血刑事で、11歳の娘がいるシングルファーザーの安堂源次を安田顕がそれぞれ演じる。

神保のことを研究者として非常に尊敬し、源次のことを「ゲンちゃん」と呼ぶ警視庁科学捜査研究所の乱原流奈に倉科カナ。源次と現場で共に行動する若手刑事の瓜生夏樹に中田圭祐。安堂らの上司となる捜査一課課長の栗原四郎に渡辺いっけい。スナック「ゲ呑ム」のママで、神保に「ゲ呑ム」の上の階にある部屋を間借りさせるなど何かと面倒をみている馬場ゆかりに松坂慶子。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生、担当するはずだった安堂だが捜査から外されてしまう。それは10年前に彼の妻が殺された事件と同一犯の可能性が高かったからだ。そこで安堂は別の事件で出会った神保に協力を依頼する。1度は断った神保だったが、安堂が自らの妻が殺されたことを告白すると協力を承諾する。そんななか新たな事件が発生、さらに神保は事件のうち1件が“模倣犯”であることを突き止め、その犯人に自首を促すが、直後模倣犯が死亡。神保に疑惑の目が向けられるなか“真犯人”が神保を拉致してしまう…というのが1話のストーリー。

「神保先生が想像以上にぽやぽや可愛くって変わり者で天才感出てて最高」「どんな場面でもかわいいってどういうこと?っていうくらいかわいかった」「神保先生喋り方とかスイーツ好きなとことかとりあえず可愛いすぎた」など視聴者からは神保に対し“可愛い”という反応が相次ぐ。

特に安堂と流奈、楠田(小野ゆり子)を「ゲ呑ム」に連れてきて、パンケーキを頬張りつぶやいた「甘~い」のセリフに「神保先生の『あま~い』に変な声出たわ」「甘いスイーツもぐもぐしてる神保先生の「甘~い」の声が甘~い」「甘~いの言い方が可愛すぎる」などの声が続出している。

また「神保先生と安堂刑事!!最高のバディ誕生 でこぼこだけど、2人の掛け合い見ててすごく気持ちいい」「圭くんとヤスケンさん相性ばっちり。最高バディだよ」「神保先生と安堂刑事がこれからどんなバディになっていくのか楽しみです」と、神保と安堂の“新バディ”の今後に期待を寄せる声も多数投稿されている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close