ニュース

劇場未公開の幻の作品『スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅』日本初配信 | .

スヌーピーが初めてヨーロッパへ行く様子を描いた映画『スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅』が、10月2日(土)より映画配信サービス「JAIHO」にて日本初配信されることが決定した。

アメリカの国民的人気漫画「ピーナッツ」に登場する人気キャラクターのスヌーピー。1950年10月2日、アメリカの新聞で「ピーナッツ」の連載コミックが初めて掲載され、10月4日にスヌーピーが初登場したのが始まり。

「ピーナッツ」のアニメーションは、主にTV用の短編シリーズとして1965年から断続的に制作され、アメリカでは現在も新シリーズが放映中。

一方の劇場用映画は、『スヌーピーとチャーリー』(’69)『スヌーピーの大冒険』(’72)『がんばれ!スヌーピー』(’77)、そして今回配信が決定した『スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅』(’81)の4本が、セルアニメで製作され、2015年には3DCG版『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』が作られ、日本でも公開した。

今回配信が始まるピーナッツ劇場用映画第4作目は、交換留学生に選ばれたチャーリー・ブラウンとライナス、パティとマーシー、そしてスヌーピーとウッドストックも同行する形でフランスへ。スヌーピーの運転するシトロエンで、招待された宿泊場所に向かうが、泊まる古城にはある秘密が隠されていて…というストーリー。スヌーピーとお馴染みキャラクターたちが、アメリカを飛び出して初めてヨーロッパを旅する、一筋縄ではいかない冒険が描かれる。

本作は、日本では劇場未公開のまま、日本語吹き替え版のVHSがリリースされたが、ディスク化は一度もされていない幻の作品。ファンの間でもとても人気の高い1本が、今回JAIHOでは、オリジナル英語音声で日本初配信となる。

『スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅』は10月2日(土)よりJAIHOにて配信。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close