ニュース

渡辺真起子“白金”に「胸アツ」…関連ワード多数トレンド入り、“続編希望”も「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回 | .

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が9月12日放送回でフィナーレを迎えた。これまでTOKYO MERの解体に動いていた白金大臣の“翻意”にネットが歓喜。放送後には関連ワードが多数トレンド入りを果たすとともに“続編希望”の声も多数投稿されている。

“一人も死者を出さないこと”をミッションとして最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す「TOKYO MER」が設立され、チーフドクターとして海外の紛争地やへき地で医療に従事してきた喜多見幸太が任命される。しかし彼が海外で助けたテロリストのエリオット・椿が復讐のため現れ、喜多見の妹、涼香を殺める…というストーリーが展開してきた本作。

喜多見幸太を鈴木さんが演じ、TOKYO MER解体の命を受け厚労省から派遣された音羽尚に賀来賢人。TOKYO MERのメンバーとして蔵前夏梅に菜々緒、弦巻比奈に中条あやみ、ホアン・ラン・ミンにはフォンチー、冬木治朗に小手伸也、徳丸元一に佐野勇斗。東京消防庁ハイパーレスキュー隊の千住幹生に要潤。喜多見の元妻の高輪千晶に仲里依紗。前回亡くなってしまった喜多見の妹・涼香に佐藤栞里。東京都危機管理対策室室長の駒場卓に橋本さとし。

TOKYO MERを立ち上げた東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。厚労省医政局のトップ・久我山秋晴に鶴見辰吾。厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。与党幹事長・天沼夕源に桂文珍。天沼の不正を暴こうとし、涼香を殺害するテロリストのエリオット・椿に城田優といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

喜多見は自分が椿を救ったことが涼香の死につながったと自らを責め、TOKYO MERは解散すべきとまで口にするように。一方椿は連続爆破テロを決行、出動要請を断ろうとする音羽を遮り、蔵前、弦巻たちは現場に向かう。天沼の意向でいったんは解体が決定したTOKYO MERだが、赤塚の言葉に応えた白金が天沼に対し翻意。TOKYO MERを認可する…というのが最終回のストーリー。

知事に代わり危機管理対策室に現れ「厚生労働大臣としてTOKYO MERの活動を正式に認可します」と告げ、たった今までMERの活動を妨害していた厚労省の人間に対し、MERの支援に回るよう指示。天沼には「引っ込んで」と言い放つ…そんな白金に「何かしてくれるって思ってましたがまんまと白金大臣に惚れました」「泣きそう……最後に白金大臣がやってくれた!!」「白金大臣!最後の最後で大好きになりましたよっ」などの声が。

さらに白金はIPS細胞を使った手術の認可もおろすよう手配、赤塚の命も救う。そんな2人の姿に「赤塚vs白金の描写だったのにその過程は違えど、目指すものが同じというのはやはり胸アツ」「正式発足式の赤塚さんと白金さんの掛け合いといい、一番最後のクレジットといい、絶対に続編があると睨んでる」といった反応も集まる。

最終回放送後には作品名の“TOKYOMER”をはじめ“喜多見先生”“音羽先生”“白金大臣”など関連ワードがトレンド入り。「何を目標にして1週間過ごしたらいいんですか、、、。もう既にMERロス」「連ドラでここまでのロスはなかった」など“MERロス”を訴える声とともに「心から、心底!!続編をお願いします」「映画化、続編、スピンオフ、全部やって欲しいです」など続編に期待を寄せる声も多数SNSに投稿されており、“続編希望”もトレンドに上がっている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close