ニュース

戸田恵梨香“藤”の同期愛に「泣ける」「素敵」など感動の声、一方ラストで明かされた“疑念”に衝撃も…「ハコヅメ」7話 | .

戸田恵梨香、永野芽郁が共演する「ハコヅメ」の7話が9月1日放送。戸田さん演じる藤と同期たちの“髪型”にまつわるエピソードに「泣ける」「同期組素敵」など感動の声が上がるとともに、藤に対する“疑念”に衝撃を受ける視聴者も続出している。

警察学校を首席で卒業したほど優秀で刑事課のエース刑事だったが、町山交番勤務になって新任の川合とペアを組む藤聖子を戸田さんが、安定収入を求めてたまたま警察官になり、やりがいを感じられずにいたが藤との出会いで警察官の自覚を持っていく川合麻依を永野さんがそれぞれ演じる本作。

いつものらりくらりしていて、とにかく楽に仕事をすることを第一優先に考えているようにみえる「ハコ長」こと町山交番の交番所長・伊賀崎秀一にはムロツヨシ。藤と警察学校の同期で天性の人たらしな源誠二に三浦翔平。元々藤とコンビを組んでいたが、今は源のバディとなった山田武志に山田裕貴。“男社会”な刑事課に馴染めないでいる新選組オタクの牧高美和に西野七瀬。牧高とコンビを組む真面目を絵に描いたような鈴木敦に測野右登。捜査一係の係長の北条保に平山祐介。副署長の吉野正義に千原せいじといった顔ぶれも共演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回は伊賀崎が妻の出産予定日で、藤と川合も出産に立ち会えるよう協力するが、事件が重なり帰れない。ようやく病院に向かえることになった伊賀崎から、事件が重なったことを妻に説明して欲しいと頼まれた川合は伊賀崎とともに病院に向かうが、そこで伊賀崎の妻から桜(徳永えり)が事故に遭ったことを聞き、川合は伊賀崎に桜のことを教えて欲しいと頼み込む。

そこで明かされたのは3年前、交通事故の現場でパイロンを並べていた桜が軽トラにひき逃げされたが、周囲の防犯カメラが少なく、雨も降ってきて証拠も洗い流されてしまったという過去だった…というストーリーが展開。

警察学校の卒業式。桜から「同期の女子会やろうよ。スカートはいて髪伸ばして」と提案され、「髪伸ばすのはねえ…」と最初は渋っていた藤だが、何度も頼み込む桜に根負けして承諾する…事故現場で藤が回想したこのシーンに「それで同期みんなで髪伸ばしてるのかほんとに同期組素敵だな」「藤と同期の2人が髪を伸ばしていた理由が桜だったのエモい」「同期の絆すごい感じる、みんな髪伸ばしてる、、、」「藤さんの同期みんな髪が長かったの、理由があったんだね・・・泣ける」などの声が上がる。

なお藤を演じる戸田さんと、桜役の徳永さんは同じ事務所所属の同期ということで「実際に同じ事務所の同期で88年生まれの同い年。ここまでがっつり共演するところを観れるとは‥!!」「この2人を今回の藤聖子と桜しおりにキャスティングした方にほんとに感謝申し上げたい。ありがとうございます」といった投稿も。

その後、新任の女性警察官しか眼中にない“守護天使”なる人物の存在を知り、自分が桜に似ていると言われたことなどから、自分が狙われている可能性にたどり着いた川合は、山田が源に対し「藤先輩が守護天使をおびき出すために、川合をおとりにしてるんじゃないかって」と話しているのを聞いてしまう…。

この衝撃的なラストにSNS上には「藤さんこわく見えてきた」「川合とペアになるために移動してきた??」「さくらの敵討ちのために、川合をおとりにしてる?」「だとしたらとても残酷」などの感想が上がっている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close