ニュース

ハリセンボンの近藤春菜が志尊淳と城田優の母に!?『2分の1の魔法』日本語版声優発表 – 映画 .

新谷真弓ら本作に出演する日本語版声優陣も発表 | [c] 2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「トイ・ストーリー」シリーズや『リメンバー・ミー』(17)で世界中を感動の渦に巻き込んできたディズニー/ピクサーの最新作『2分の1の魔法』が近日公開される。このたび、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜ら本作に出演する日本語版声優陣が発表された。

本作は時の流れと科学や技術の進歩により“魔法が消えかけた”世界を舞台にした感動のファンタジーアドベンチャー。なにをやっても上手くいかず自分に自信を持てないが、実は隠れた魔法の才能を持つ主人公のイアンは生まれる前に亡くなったお父さんにもう1度会うため、兄のバーリーと共に父を蘇らせる魔法を探す旅にでる…。

このたび、本作に出演することが発表されたのは、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜。お笑い芸人としてだけではなく、NHKの大河ドラマ「西郷どん」などに女優として出演し、バラエティ番組や朝の情報番組でMCを務めるなど幅広く活躍する近藤は志尊淳が演じるイアンと城田優が演じるバーリーの母親ことローレルを演じる。近藤はローレル役に抜擢されたことに対し「『2分の1の魔法』の予告編を観て、誰よりもローレルに似ていると思っていたので、自分がやりたいという気持ちがありました。決まったときはとても嬉しかったです!」とコメントしている。また、プライベートでも仲が良い志尊と城田が兄弟を演じることについて「イアンとバーリーはまさに志尊さんと城田さんにぴったりな役柄でした!私も2人が演じる兄弟のお母さん役を演じ、家族の一員になれたことが嬉しかったです。ローレルは、優しくて勇敢ですごく素敵なお母さんで、演じていてあたたかい気持ちになりました」と語り、さらに「相手を思いやる2人の絆に“無償の愛”を感じたし、素敵な家族だなと胸を打たれました。ラストシーンはめちゃくちゃ感動しました」と本作への溢れる思いを語っている。

そして、イアンとバーリーを取り巻くキャラクターたちのキャスト陣もあわせて発表。イアンとバーリーの旅に重要な役割を果たすことになるマンティコア役は、舞台を中心に活躍するボーカリストの浦嶋りんこが演じ、不気味な質屋の店主であるグレックリン役を『プロメア』(公開中)に出演した新谷真弓が演じる。加えて、亡き父の大学時代の友人であるガクストン役はディズニー/ピクサーの常連声優である丸山壮史が演じ、フェンウィック役にはテレビアニメ「銀魂」や「ONE PIECE」に出演する立木文彦が演じるなど、実力派声優陣が集結し、イアンとバーリーの冒険をさらに盛り上げる。

志尊と城田の2人と共に日本語吹替版声優を務める実力派声優陣が発表となりますます期待が高まる本作。亡き父と会うため奮闘する兄弟の愛と絆の物語に涙があふれることは間違いない!

文/編集部

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close