ニュース

清野菜名&坂口健太郎が“偽装結婚”する夫婦に!?「婚姻届に判を捺しただけですが」10月スタート | .

清野菜名がヒロイン、その相手役を坂口健太郎が務め、偽装結婚した夫婦を描く「婚姻届に判を捺しただけですが」が10月期の火曜ドラマ枠で放送決定。清野さんはTBSの火曜ドラマで初めてヒロインを演じる。

「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の「婚姻届に判を捺しただけですが」をドラマ化。清野さんが演じるのは、彼氏はいないけれど、一緒に飲んでくれる友達はおり、仕事はやりがいがあってめちゃくちゃ楽しい! と独身を謳歌している27歳の大加戸明葉(おおかど・あきは)。

そして坂口さんは、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、30分前に出会ったばかりの明葉に偽装結婚を申し込む、広告代理店に勤める30歳のサラリーマン・百瀬柊(ももせ・しゅう)を演じる。

明葉は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。夢だった職について仕事が楽しく、同僚との関係も良好。いつか独立して広告で賞を取ることを目標に、やりがいを感じる日々を過ごしている。恋愛経験はそれなりにあるが、これまで付き合ってきた彼氏がダメ男ばかりで、結婚を意識した相手は過去に1人もおらず、現在彼氏はいない。しかし、学生時代からの友人など一緒に飲んでくれる友達はおり、「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌していた。

そんなある日、明葉は飲み会で出会ったばかりの男性から突然プロポーズされる。初対面の明葉にプロポーズしたのは、広告代理店「秀伝堂」の社員・百瀬柊。堅物で変人だが、仕事に対して真面目で上司や部下、そしてクライアントからの信頼も厚い男だ。

しかし、百瀬は訳あって偽装結婚する相手を探していた。そして飲み会で「結婚は向いてないし、したくない。でも祖母が結婚してほしがっている」という明葉と出会った百瀬は、偽装結婚の相手として明葉に狙いを定めることに。突拍子もない電撃プロポーズに、はじめは「ありえない! バカにしてるんですか!?」と突っぱねた明葉だったが、祖母が大事に営んできた小料理屋がつぶれる危機に。心臓に持病のある祖母をがっかりさせないため、明葉は婚姻届と引き換えに百瀬から500万円を借りることを条件に、百瀬と偽装結婚する。

共同生活が始まり、衝突する2人。しかし、明葉は百瀬が見せるちょっとした優しさに心惹かれていく…。そして次第に分かっていく、百瀬が偽装結婚をする本当の理由…。ひとつ屋根の下で暮らすうちに、2人の関係に変化が生まれていくのか…!?

<清野菜名コメント>

原作を読んで、それぞれの条件を持ちながら偽りの結婚生活を続ける中での、ちょっとしたすれ違いにキュンとさせられました。2人の気持ちがどう変化するのかとても楽しみです。私が演じる大加戸明葉は、何事にも一生懸命で前向きな気持ちの良い女性です。私自身、見習いたいなって思うくらい明葉に憧れる部分があります。6年振りの共演とは思えないくらいフレンドリーな雰囲気を作ってくださる坂口さんと、火曜の夜10時という時間帯を楽しいものにできるよう頑張りますので、ぜひご覧ください!

<坂口健太郎コメント>

僕が演じる百瀬柊は、未熟で子どもっぽいところがある男性です。最初は何を考えているんだろうと感じる方も多いと思いますが、彼の不器用さだったり可愛らしさだったりが徐々に出てくると思うので楽しみに待っていてください。また、“偽装”と名の付いた結婚ではありますが、ひとつ屋根の下で暮らす2人の姿がとても可愛らしく見える作品です。僕が感じたそんな空気感をお芝居で表現できたらうれしいです。心地良くて風通しの良い雰囲気を持つ菜名ちゃんと一緒に、「明日も頑張ろう!」という気持ちになってもらえる作品にできたらいいなと思います。

<原作者・有生青春コメント>

ドラマ化!! うれしいです。

大人になってもこんなにわくわくできること、また素晴らしいご縁に恵まれたことに感謝しかありません。

1人でも多くの方にドラマを通して笑顔になってもらえますことを原作者として願いつつ、一視聴者として毎週火曜日を全力で楽しみにしております!

火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」は10月、毎週火曜よ22時~TBS系にて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close