ニュース

椎名桔平、“息子”との切ない別れに視聴者も号泣…「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」9話 | .

天海祐希主演「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」の9話が3月7日放送。椎名桔平演じる黒岩に芽生えた“息子”保に対する愛情と、2人の切ない別れに「引き止めるなら今しかない」「保くん、黒岩先生大好きなんだね」と悲しみの声を上げる視聴者が続出している。

外科医の中でも最も高度な技術が要求される“脳外科医”たち、その頂点ともいえる“トップナイフ”たちにスポットを当てたリアル・ドクターストーリーとなる本作。

新たに赴任してきた3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられる東都総合病院の深山瑤子に天海さん。“世界のクロイワ”と呼ばれるスペシャリストの黒岩健吾に椎名さん。優秀な女性心臓外科医を母に持つが自身は“平凡”であることを受け入れた西郡琢磨に永山絢斗。勉強は得意だったが実技と恋は不得意な新人脳外科医の小机幸子に広瀬アリス。脳神経外科部長の今出川孝雄に三浦友和といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
東都総合病院に今出川の妻・里美(有森也実)が転院してくる。症状は深刻で、実は今出川は妻の手術のために黒岩と西郡を東都総合病院に呼び寄せていたことがわかる。今出川は病院を私物化したことの責任を取って辞職する覚悟も決めており、深山を後継者に指名する。


一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、保がいじめられている姿を見かけてしまう。保にかつての自分を重ねる黒岩だが、父としての愛情が生まれ始めた矢先、保とは血縁がないことが判明する。

解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹の手術に深山と西郡が挑み、徹は奇跡的に意識を回復する。意識が戻った徹は深山に、鉄筋の貫通は事故ではなく母・良美による殺人未遂だと告白される…というのが今回のストーリー。


保への愛情が芽生え始めた矢先に、血縁がないことがわかり、“息子”を奪われることになる黒岩。保を母親のもとに帰すことになり、玄関先で自分の行きつけの店をいくつも挙げて「俺の息子と言えばツケでなんでも食える」と話す。

黒岩らしい不器用な愛情表現に「お父さんになってきたのにお父さんじゃないって」「もう、親子でいーじゃん。お別れは寂しいよ」「不器用なりでも引き止めるなら今しかないよ」と声援の声が続々。


そんな黒岩は自宅の洗面台で、保が好きな戦隊ヒーローのフィギュアを見つける。保は以前、自宅で怖い場所が洗面台だと話していた黒岩のために“お守り”としてフィギュアを置き土産していったのだった。

「洗面所が怖いって言ったらレンジャー置いとくねって言ってたの、今出てくるなんて」「ヒーローを置いて行ってくれてる…保くん、黒岩先生大好きなんだね」と、2人の切ない別れに号泣する視聴者が続出している。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close