ニュース

鈴木亮平“喜多見”たちに「アルマゲドン」「アベンジャーズ」を感じる視聴者続出、城田優の登場にも期待の声…「TOKYO MER」7話 | .

鈴木亮平主演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の第7話が8月15日放送。有毒ガスの充満する現場に乗り込む喜多見たちに「アルマゲドン」「アベンジャーズ」を感じる視聴者が続出。城田優の登場にも「来週が待ち遠しい」といった反応が寄せられている。

都知事の命で「TOKYO MER」が設立。ミッションは“一人も死者を出さないこと”という彼らだが、チーフドクターの喜多見幸太の経歴には謎の“空白の1年”があった――という展開の本作。

喜多見を鈴木さんが演じ、厚労大臣からTOKYO MER解体の密命を受け「TOKYO MER」に参加する音羽尚に賀来賢人。喜多見をチーフに任命したTOKYO MER発案者で東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。赤塚をライバル視し「TOKYO MER」解体を目指す厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。白金の後ろ盾で政界のドンと呼ばれる与党幹事長・天沼夕源に桂文珍。

「TOKYO MER」のスタッフとして蔵前夏梅に菜々緒、弦巻比奈に中条あやみ、ホアン・ラン・ミンにフォンチー、冬木治朗に小手伸也、徳丸元一に佐野勇斗。東京消防庁ハイパーレスキュー隊の千住幹生に要潤。東京都危機管理対策室室長の駒場卓に橋本さとしといった顔ぶれが出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

工場で多数の外国人労働者が原因不明の症状を訴える。出動する喜多見たちに駒場は今回の事案では警察に従うよう指示が下る。さらに集団食中毒事件と思われた現場には、事件に不釣り合いなほど多くの警察官の姿が。傷病者の処置を始める喜多見たちだが、病院に搬送しようとすると警察官に留められてしまう。音羽は「大きな力が動いています」と、喜多見に警察に従うよう促す。

さらに現場には公安の刑事、月島しずか(稲森いずみ)らが現れる。警察とにらみ合いになったその時、大きな爆発が発生。工場の地下に大量の外国人労働者が取り残されてしまう。その頃赤塚は官邸に呼ばれ、天沼がテロ組織から犯行声明を受け取っていることを明かされていた…というのが今回のストーリー。

有機リン系のガスが充満、次の爆発が迫るなか、防護服を身にまとい工場の地下に向かう喜多見たち「TOKYO MER」と千住らハイパーレスキュー隊。

その姿に「千住さん達の登場シーン、アルマゲドン風味」「突入シーン、アルマゲドン感あるな」「防護服着て地下に向かうとこがもうアルマゲドンじゃん」と“アルマゲドン”を感じたという声とともに、「これまで現場を共にしてきた人たちが登場すんの、アベンジャーズみたいで鳥肌立っちゃった」「今日は最初からのアベンジャーズ感がすごい」「劇伴と相まってアベンジャーズ感満載」と“アベンジャーズ”風味を感じる視聴者も。

一方「医療物というより医療系戦隊物ですよね」「もうね… 戦隊ヒーロー張りにカッコ良いです!」「ヒーローは5人組のカラフル戦隊とは限らない」と“戦隊モノ”を連想したという反応も多数寄せられる。

ラストではテロリスト側の人間で、かつ喜多見ともつながりを持つ人物として、城田さん演じるエリオット・椿が登場。「ラスボス感が半端ねぇ」「城田優さん登場で、めちゃくちゃ興奮しました」といった感想とともに、「登場人物も新たに加わり今までとは違う展開の幕開けを予期する回でした」「謎の男と空白の1年、新たな展開が早く見たくて来週が待ち遠しい」など、今後の展開に期待する声も多数投稿されている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close