ニュース

大坂なおみがテニスをする理由…幼少期の秘蔵映像で語られるNetflixドキュメンタリー「大坂なおみ」本編映像 | .

世界最高峰のテニスプレーヤー・大坂なおみに2年間密着したNetflixドキュメンタリーシリーズ「大坂なおみ」から、幼少期のホームビデオの映像と共に大坂さん本人がトップアスリートに登りつめた原動力について語る本編映像が解禁となった。

同世代の選手たちの中でも飛び抜けた才能に恵まれ、日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親というバックグラウンドを持つアスリート、大坂なおみ。本作は重いプレッシャーに満ちた勝負の世界で生き抜く彼女の日々に2年間密着。2019年の全豪オープンからのグランドスラム連覇の歴史的な功績をはじめ、彼女の“歴史”と“素顔”に迫っていく。

今回解禁された本編映像では、生まれて間もないころの大坂さんが両親に抱かれる様子が映し出され、ナレーションでは、彼女自身が幼い頃の夢と家族に対する秘めた思いを語っている。幼い頃に一家でアメリカに移住した大坂さんは、当時の母について「母は働きづめだった。車で眠ることもあった」と説明。そんな姿を見て育った彼女は、「ただ母を幸せにしたいと思った。私がテニスをする理由はそれだけだった」と語っており、トップアスリートとしての彼女の原動力は“家族”であることが紐解ける内容となっている。


こうした現在の彼女を形成する家族との関係や、幼い頃の思いなども描かれていく本作。監督を務めるのは、これまで人種や階層、アメリカの歴史をテーマにした作品で高評価を受け、『タイム』(20)が第93回アカデミー賞長編 ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた新進新鋭の監督ギャレット・ブラッドリー。

ブラッドリー監督は本作にも登場する彼女の両親について「私は、なおみのご両親と、2人のパートナーとしての歩みを心から尊敬しています。2人は誰にも頼らず、自分たちの力で道を切り拓いてきた人たちだと思います」とリスペクトを込めて話しており、テニス界で新たな道を切り拓いていく大坂さんのルーツが垣間見える作品であることを説明。さらに監督は、そんな両親や大坂さんを支えるチームについても「彼らがいかになおみの心の支えとなっているかが、この作品を観た人たちに伝わることを願っています」と語っている。

Netflixドキュメンタリーシリーズ「大坂なおみ」は7月16日(金)より全世界独占配信。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close