ニュース

「予想と全く違ったバッドエンド」浅香航大演じる“アルハラ”営業の顛末に衝撃の声「酒癖50」  | .

酒によってあぶり出される人間の本当の弱さや愚かさ、現代社会の闇に迫っていくABEMAオリジナルドラマ「酒癖50(フィフティ)」の第1話が7月15日(木)に放送され、忠告を聞かずにアルハラを続けた浅香航大演じる会社員に起こった結末に衝撃の声が上がっている。

青田(浅香航大)は営業実績No.1の“敏腕体育会系営業。有名企業社長の娘と結婚し、仕事にも一層の気合が入っている。仕事は酒で取るというモットーの青田は、連日のようにアルコール接待を行い、「俺にできるんだからお前にもできるだろ!」を口グセに、部下(曽田陵介)たちにも過度なアルコールを強制している。そんな青田が、謎の男・酒野聖(小出恵介)の忠告を無視したことによって酒で自らの身が滅んでいくーー。

酒野が実施する更生プログラムに参加するも、反省の態度を見せず、お酒が飲めない後輩に無理やり飲ませ続ける青田。そんな彼に訪れた予想外の展開に「まさか」「予想と全く違ったバッドエンド」「最後のどんでん返しにびっくりした」など驚きや衝撃の声や、浅香さんらの迫真の演技に「ずしっとくる」「引き込まれた」「実力派揃いで見入った」など称賛の声が寄せられた。

ABEMAオリジナルドラマ「酒癖50」第1話
さらに、青田が地獄に堕ちていくさまを見て酒癖の悪い人々を更生しようと試みる謎の男・酒野が「たくさんものを失った代わりに、お酒が大嫌いになれましたね」とニヤッとする最後のシーンには「意味深」「何者なんだ」「気になってきた」と、彼の正体や今後の展開に期待する声も寄せられている。

ABEMAオリジナルドラマ「酒癖50」第1話
本作の主題歌は、AK-69の「Hangover」に決定。酒に酔って朝、目覚めた主人公が前日の夜の記憶をたどっていく過程を描いた楽曲が、本ドラマに登場する“酒癖モンスター”らとリンク。第1話のラストで「Hangover」が流れると、視聴者からは「この楽曲は嬉しい」「良い感じにマッチしてる」といった声が上がっている。

ABEMAオリジナルドラマ「酒癖50」第1話
誰もが“明日は我が身”と背筋の凍るような人間の本性を描く、刺激的な新オリジナルドラマ。「意外すぎる内容だった」「1回見たらハマる」など、早くも話題を呼んでいる。

ABEMAオリジナルドラマ「酒癖50」第1話

第1話あらすじ

ある企業に務める青田(浅香航大)は、営業部ナンバー1の“デキる”社員。自分が出来る事は他人も出来ると、後輩にも自分と同じ努力をするように激を飛ばす。その態度を“パワハラ”だと上司にとがめられるも聞く耳を持たず、クライアントとの会食では部下にシャンパンの一気飲みを強要するのが日常茶飯事。

ある日、人事部主催の講義に呼ばれ、講師であるヘイトアルコールファームの酒野聖(小出恵介)から“この会社で酒癖の悪い50人”であると告げられる。その日は酒の一気飲みの危険性についての講義がなされ、心当たりのあった青田は前日の飲み会を思い出し…。

「酒癖50」は毎週木曜日22時~よりABEMA SPECIALにて放送中。第1話は無料で見逃し配信中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close