ニュース

日本人6人も参加、J.Y. Park×PSYプロデュースの次世代ボーイズグループを誕生させるオーディション番組「LOUD」配信へ | .

J.Y. ParkとPSYの2人がプロデュースを務め、次世代ボーイズグループを誕生させる超・大型オーディション番組「LOUD」(ラウド)が、「dTV」にて日本独占配信されることが決定した。

韓国地上波放送局SBSにて6月より放送中の同番組は、2つのボーイズグループ誕生までの軌跡を映し出す。

“2000年1月1日以降に生まれた男性”という応募条件の下、6人の日本人を含む各国から集まった総勢73人が参加し、「実力」と「魅力」という2つの審査基準で様々なステージに挑戦しながら、プロデューサー2人の合格を勝ち取り、最終ステージまで進んだ挑戦者の中から、JYPエンターテインメントのグループ1組とP NATIONのグループ1組、計2組のボーイズグループが誕生する。

挑戦者に先に合格を出した事務所にスカウト権が渡るシステムのため、互いに牽制しながら目の前の才能に自ら売り込むなど、場外バトルの行方も必見だ。

「LOUD」
韓国では、第1話の最高瞬間視聴率11.3%を記録し、同時間帯のバラエティ帯で第1位を獲得。中でも、キュートなダンスを披露した14歳、圧巻のダンスを見せた12歳、2人の日本人挑戦者のパフォーマンスが大きな注目を集めた。


本番組について、失敗しないかと心配していたと語るJ.Y. Parkは、初回収録を終え「今回は審査基準を明確にして選ぶとお話したので、果たしてそれに応じてくれる特別な参加者が来てくれるのか。それが最大の不安でした。でも初日、収録をして『失敗じゃない、これはできた』ということが最初の感想でした」とコメント。

PSYは「J.Y.Parkさんと一緒に審査をしながら、世界におけるK-POPの位置づけがある程度、出来上がってきている中で、『そうだけど、それが全てではない。こんなK-POPもあるよ。』と私達が言えるような特別さがある人、を探しています」と今回の求めるアーティスト像を明かし、「振り返ってみると、私は幼い頃からユニークだという話をたくさん聞きました。でも、ユニークなことを20年間続けていたら特別さが少し生まれてきたようです。それで私は個人的には珍しい人を熱心に捜しています」と話している。

「LOUD」
今回日本では、7月3日(土)に第1話と第2話を配信し、第1話はdTVと番組公式YouTubeチャンネルにて無料で公開する。

「LOUD」は初回(第1話&2話)7月3日(土)21時~dTVにて配信、第3話以降7月10日0時~毎週土曜日更新予定(全15話予定)。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close