ニュース

TBSと「愛の不時着」『パラサイト』の韓国CJ ENMがタッグ!グローバル市場目指す | .

韓国の総合エンターテイメント企業CJ ENM(シージェイ・イーエヌエム)とTBSグループが、番組の共同制作を含む戦略的パートナーシップ協定を締結することで合意。グローバル市場をターゲットとした映像コンテンツの多角展開やデジタルシフトの動きを加速させていくという。

“グローバルNo.1ライフスタイルクリエイター”を標榜する「CJ ENM」といえば、放送、映画、音楽、ライブ、アニメーション、動画配信サービスなど、エンターテインメント業界全般において多様なビジネスを展開している韓国最大のコンテンツ企業。カンヌ国際映画祭パルム・ドールや、米アカデミー賞授賞式で作品賞を含む4部門を受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』の投資・配給企業として知られる。

また、グループ企業の制作会社(スタジオドラゴン)は、Netflixで2020年に日本で最も話題になった作品TOP10で1位に輝き、新たな韓流ドラマブームを巻き起こした「愛の不時着」や、同じくTOP10入りした「サイコだけど大丈夫」、日本でリメイク制作された「シグナル」ほか、「ミセン-未生-」「記憶~愛する人へ~」「ボイス」シリーズなど数々の作品を世に生み出しており、CJグループの高クオリティのコンテンツは、すでにグローバル市場でも認められている。

今後は、TBSグループ選りすぐりのクリエイター陣と共同で、日本や韓国に限らずグローバル市場をターゲットとするドラマやバラエティ番組、映画などのコンテンツ開発・制作を目指すほか、音楽や演劇などのライブエンターテインメントや、アニメ・漫画といった双方が強みを持つ様々な分野での協業に加え、クリエイターの相互人材交流といった多角的な取り組みを共同で推進していくという。

「逃げるは恥だが役に立つ」(C)TBS
今回の取り組みについて、TBSテレビ専務取締役の菅井龍夫は「TBSグループの優れたクリエイターと、世界で実績のある CJグループとのシナジーによって、新たな世界戦略コンテンツが生まれることに期待している」とコメント。

また、CJ ENMの映画ドラマ統括チェ・ジンヒ副社長は「日韓を代表するコンテンツ企業である両社の制作力を活かし、グローバル市場を目標に多様なコンテンツを提供する予定だ。また、CJ ENMはグローバルコンテンツパートナー社との協業を通して、グローバル市場に向けたコンテンツの提供を継続する予定だ」と語っている。

TBS
TBSではこれまでも「半沢直樹」や「逃げるは恥だが役に立つ」などの大ヒットドラマや、「SASUKE」「風雲!たけし城」などのバラエティ番組のフォーマットが各国で人気を博し、世界160を超える国・地域に数百作品、数万話を提供。近年は動画配信やIP活用による商品化、出版、テーマパーク、タイアップなど「マルチ展開」にも活動を広げている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close