ニュース

好きな春ドラマは?「着飾る恋」「ネメシス」「リコカツ」がランクイン | .

シネマカフェでは、4月期放送のドラマにおいて、「2021年好きな春ドラマ&キャラクターは?」と題して、読者アンケートを5月に実施。今期は、キャストの豪華さが話題となった「コントが始まる」や、坂元裕二オリジナルの「大豆田とわ子と三人の元夫」、「ドラゴン桜」の続編、きゅんきゅんなラブストーリー「着飾る恋には理由があって」&「恋はDeepに」などが放送された。

今回実施したアンケートでは、約3,100人から回答を得ており、その結果を読者コメントと共にランキングを発表! まずは、TOP3をご紹介。

駿派?シャチ派? 毎話ラストまで見逃せない“うちキュン”「着飾る恋」が1位!

今期、ダントツ1位だったドラマは、「逃げ恥」「恋つづ」「わたナギ」と、近年注目を集めるTBS系火曜ドラマ枠で放送中の「着飾る恋には理由があって」。

主人公の“着飾る女”真柴くるみ(川口春奈)が、ひょんなことから知らない人たちとルームシェアを始めるところから物語はスタート。メンバーは、マイペースでミニマリストな料理人の藤野駿(横浜流星)、カウンセラーの関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)、そして真柴を引き入れた人気フードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)。着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々と暮らしながら、“着飾る”という鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリーだ。

アンケートでは、「横浜流星の新しいタイプの役が最高です」「新しい流星君がとても新鮮」と横浜さんのまた新たな役柄が好評。また、冷蔵庫キスや毛布くるみのバックハグ、駿と葉山(向井理)の恋のバトルなど、毎話、様々なシーンがSNSで話題となる本作。「ジワリと染みる言葉が沢山散りばめられていて、観ていると元気になる」「キュンキュンしっぱなし!」「40代のおじさんですが、恥ずかしながらキュンキュンが止まりません」と、幅広い世代の視聴者を胸キュンさせている様子。

さらに本作は、ラストに映し出される“駿目線”のサイドBシーンも大きな注目を集めており、「エンディングの回想シーンがまた来週もみたくなるような感じでキュンっとさせられます」「ラストの駿目線のシーンは新しくて素敵だと思う!」「残り5分がかなりヤバいです」といった声も。

ほかにも、インフルエンサー・真柴のファッション、星野源による主題歌などに対するコメントも多く寄せられた。

「着飾る恋には理由があって」第9話(C)TBS「着飾る恋には理由があって」第9話

■第9話あらすじ/6月15日(火)22時~TBS系
真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)が2人で出掛けるはずだったレストランデートは、駿が仕事で時間に間に合わず、真柴は祥吾(向井理)とレストランへ行くことに。

そんな中、真柴は自分が投稿したバッグのデザイナーに、盗作の疑いがある事件が発生。盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめる。

さらに、駿のもとに北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ、心が揺れ動く――。

天才助手×ポンコツ探偵! 個性キャラ揃いの推理ドラマ「ネメシス」
「ネメシス」 (C)日本テレビ
第2位は、映画監督・入江悠が仕掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント「ネメシス」。

広瀬すずと櫻井翔が演じる、天才すぎる助手・アンナとポンコツ探偵・風真の凸凹バディが、事件を次々と解決していく“1話完結の事件”と、“20年前の謎”が複雑に織りなす物語となっており、最終回に向けて衝撃の展開を迎えることになる。

シネマカフェ読者は「魅力的なキャラ、楽しい謎解き、そして縦軸のミステリアスな謎。少しずつ真相に近づくのがドキドキワクワクで、毎週続きが気になって仕方ありません」「コミカルで重すぎないミステリーエンタテインメントなドラマが楽しい」「1話から最後まで繋がる縦軸の謎解きを、ワクワク、ドキドキして、視聴者も一緒に考察しながら観れる、回を重ねる毎に惹き込まれていくドラマです」と、ドキドキ・ワクワクしながら楽しんでいる様子。

また、広瀬さんと櫻井さんに加え、アンナと風真のいる探偵事務所「ネメシス」のボス役を江口洋介が演じるほか、大島優子、上田竜也、勝地涼、中村蒼、富田望生、橋本環奈らが個性的なキャラクターを演じているのも見どころのひとつで、「個性豊かな登場人物が良い!」「登場人物のキャラもたっていて楽しいし面白い」「探偵事務所ネメシスの3人の雰囲気がサイコーです」「名だたる俳優さんたちが多彩なキャラクターを演じていて面白い!」といった意見も。

■最終話あらすじ/Hulu・TVerにて配信中
アンナ(広瀬すず)と始(仲村トオル)を救い出すため、風真(櫻井翔)は“チームネメシス”(勝地涼・中村蒼・大島優子・上田竜也・奥平大兼・加藤諒・真木よう子・南野陽子)の8人の侍たちにすべてを明かし、協力を頼む。一方で、アンナと始に、刻々と命のリミットが迫っていた。だが解析完了の直前で、何かに気付く朋美(橋本環奈)。そこで始から告げられる“ある衝撃的な事実”に、朋美は打ちのめされる――。

全員、離婚家族!?「リコカツ」
「リコカツ」(C)TBS
放送前に行った「春ドラマ期待している作品は?」アンケートでは、TOP10入りしなかった「リコカツ」が、今回見事、第3位にランクイン。

本作は、北川景子演じる出版社に勤務する編集者・咲と、永山瑛太演じる自衛官一家の長男・紘一が、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”するも、早くも離婚を決意。しかし、周囲になかなか離婚の決意を切り出せず、水面下で離婚に向けた活動、“リコカツ”を始める、離婚から始まるオリジナルラブストーリー。

シネマカフェ読者からは「とにかく面白い!」「放送終了間際にいつもキュンとさせられる!」「もどかしさがたまらない」「ストーリーが面白くてハマっています」「久々に笑えて、泣けるラブ・ストーリー 俳優さんたちの演技力に引き込まれてしまう。毎週、金曜日が待ち遠しい」「笑って、キュンキュンして、考えさせられる良い作品」「毎回ぐっとくる」などとそのストーリーを絶賛する声や、永山さん扮する紘一のキャラクター性、米津玄師の主題歌とのマッチングの良さなどにも多くの意見が寄せられた。

「リコカツ」最終話(C)TBS「リコカツ」最終話

■最終話あらすじ/6月18日(金)22時~TBS系
互いの気持ちを確かめ合った咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、改めて交際をスタート。大切なマンションを売ったことを後悔する2人のため、貴也(高橋光臣)は買い戻しの交渉を試みると、直接事情を聞きたいと買い主がマンションにやって来る。

そんな中、咲は3年間のパリ研修の話を受けるかどうか悩んでいた。一方、パリ研修の話を連(白洲迅)から偶然聞かされていた紘一は、ある決意を秘めていて…。

そして、第4位~第10位は下記の結果に。

第4位:「大豆田とわ子と三人の元夫」

「大豆田とわ子と三人の元夫」(C)カンテレ
松たか子と坂元裕二、「カルテット」の2人が再びタッグを組んだ本作は、松さん扮するバツ3の独身女性・大豆田とわ子が、3人の元夫たち(松田龍平・角田晃広・岡田将生)に振り回されながら日々奮闘する、たまらなく愛おしいロマンティック・コメディー。テンポの良い掛け合いやエンディング、伊藤沙莉によるナレーションなどが話題に。

-読者の声-
「小ネタも入っていて、会話が最高におもしろい。エンディングの歌が毎回ラップを入れる人が変わるのもよい」
「とにかく面白い。テンポがよくて小気味良い。それぞれの言葉が全て胸に刺さる」
「内容が濃いのにコミカルに進んでいく展開が好き。見ていて楽しくなる。挿入歌やエンディング曲、ナレーションなども絶妙」
「坂元さんの個性が存分に出ているドラマ。冒頭、終わりに主人公がタイトルを言うドラマは見たことがない。キャラも話も勿論いい。一番好きなのは、エンディングテーマ。見事」

「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話(C)カンテレ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話

■最終話あらすじ/6月15日(火)21時30分~カンテレほか
4度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだとわ子(松たか子)。3人の元夫との関係は相変わらずで、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。ある日、オペレッタでとわ子は初恋の相手・甘勝岳人(竹財輝之助)と偶然再会する――。

第5位:「恋はDeepに」

「恋はDeepに」(C)NTV
海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音役の石原さとみと、御曹司・蓮田倫太郎役の綾野剛のW主演ドラマ。巨大マリンリゾートの開発をめぐって出会う、海を守りたい女と、その計画に人生をかける男は、やがて運命的な恋に落ちるが、彼女にはある“ヒミツ”があって――。

海音の正体について様々な考察が飛び交い話題となった本作。2人の恋模様はもちろん、蓮田三兄弟の物語、豪華声優陣による魚たちと、毎話、様々なシーンが注目を集めた。

-読者の声-
「ファンタジーっぽい話の内容をドラマにしたのが、すごいワクワクする!役者さんも好きだけど、シンプルにこの脚本と海音や倫太郎といったキャラクターが好きすぎる」
「毎回キュンキュンしてます」
「仕事から帰って現実を忘れてほっとしたい時に見るにはピッタリなドラマで、石原さとみさんと綾野剛さんという実力派俳優さん達が真剣に役を生きているのに心を動かされます。ファンタジーで他にはなかなかない設定な所もこのドラマの魅力です」
「ファンタジーなので現実逃避できるから楽しいです」
「日常を忘れて見入る。癒やされる」

「恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―」(C)NTV「恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―」

■「恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―」あらすじ/6月16日(水)22時~日本テレビ系にて放送
劇的な再会で幕を閉じた運命の恋。その別れから再会までの空白の3年間を描くスペシャルストーリー。

海音(石原さとみ)が海へと帰ったあの日、倫太郎(綾野剛)は悲しみを押し殺し、蓮田家へ。そして家に着き、静かに泣き崩れる。一週間後、鴨居(橋本じゅん)の元に、Mr.エニシ(福山翔大)が現れる。エニシは、海音が皆に向けて残したという動画を手にしていて…。

第6位:「コントが始まる」

「コントが始まる」
菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀が売れないお笑い芸人トリオ「マクベス」を、有村架純と古川琴音が姉妹役で出演する青春群像ドラマ。毎話、ドラマのトップシーンを「マクベス」のコントで始まり、これが残りの物語の重要な伏線として繋がる、という構成でドラマが紡がれていく。

メインキャストには豪華俳優が集結したことで、放送前から大きな話題となっていた本作。放送中は、里穂子のヲタクっぷり、つむぎの“心の声”などに共感し、分かりみが深すぎるという声が多数上がっていた。

-読者の声-
「演技力に定評のある若手同士で紡がれる会話劇はとても見応えあります」
「脚本がおもしろい。また、世界観も身近に感じられるから」
「リアルな群像劇かつ、想像を超える感動」
「毎回笑って泣いて、切なくて。みんなが本当に愛しくて、終わった後がいつも温かいです」
「毎回心に刺さって切なくなる」

「コントが始まる」最終話(C)NTV「コントが始まる」最終話

■最終話あらすじ/6月19日(土)22時~日本テレビ系
いよいよ、コントトリオ「マクベス」の解散ライブ当日。ライブを見ながら、マクベスと出会ってからの日々を心の中で巡らせる里穂子(有村架純)。里穂子にとっての「マクベス」とは――。そして、ステージ上で顔なじみの人々を見ながら、春斗はまた全く別の意味で思う。「オレにとって『マクベス』とは……一体なんだったのか」。これまで、様々な数奇な運命が絡み合ってきたこの群像劇の最後の最後は、このドラマ「ならでは」の終幕を迎える――。

第7位:「ドラゴン桜」

「ドラゴン桜」(C)TBS
阿部寛が桜木建二を演じる「ドラゴン桜」の第2弾。前作ドラマの原作の15年後を描く続編「ドラゴン桜2」が基となっているが、ドラマでは、いまの時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れた、ドラマオリジナルの展開となっている。

阿部さんのほかにも、前作で生徒だった長澤まさみ演じる水野直美が、桜木と共に新時代の高校生に立ち向かっていくほか、“東大専科”生徒役として、鈴鹿央士、加藤清史郎、平手友梨奈、「King & Prince」高橋海人が出演。受験生だけでなく、大人たちからも大きな支持を得ている。

-読者の声-
「現代の生徒の悩みを上手く捉えていると思うから」
「受験だけでなくこれから生きていくための術や人生観について深く考えさせられるから」
「桜木先生の言葉が響く!このドラマを見るとやる気が出てきます!」

■第9話あらすじ/6月20日(日)21時~TBS系
桜木(阿部寛)は、いよいよ共通テストの出願書を渡す。そこで、決意の表情を見せる専科メンバーに、桜木は「共通テストの心構え5か条」を授ける。そして、迎える共通テスト本番――。

第8位:「イチケイのカラス」

「イチケイのカラス」(C)フジテレビ
法曹界の中にもファンが多いという浅見理都の同名コミックを原作とした、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメントドラマ。竹野内豊演じる主人公に振り回されながらも、真実をつかもうと奔走する黒木華、新田真剣佑、小日向文世、中村梅雀、桜井ユキ、水谷果穂らイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

-読者の声-
「裁判物だけど堅苦しくなくしっかりと事実を見極めて正しい判決を出す。安心してスカッとします。何度見ても飽きない」
「入間みちおと板間千鶴のコンビが面白いから」
「演技力の有る配役がはまっている。裁判ドラマの一話完結が心地よく、伏線、間を埋めるセリフやアニメーションを使った説明等々小技も効いて満足感が高い」

「イチケイのカラス」最終話(C)フジテレビ「イチケイのカラス」最終話

■最終話あらすじ/6月14日(月)21時~フジテレビ系
みちお(竹野内豊)が、元同僚の弁護士・青山(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載。そんな折、みちおを呼び出した日高(草刈民代)は、「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げて…。一方、坂間(黒木華)は、日高がみちおを呼び出した理由を知ろうとした。しかしみちおは、カレー店を開くという話だけだったと嘘をつく。みちおの任期終了まであと3週間――。

第9位:「珈琲いかがでしょう」

「珈琲いかがでしょう」(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
「凪のお暇」で知られるコナリミサトの漫画「珈琲いかがでしょう」を『かもめ食堂』の荻上直子がドラマ化。中村倫也演じる移動珈琲店「たこ珈琲」店主の青山が、行く先々で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく、幸せを運ぶ珈琲物語。以前から原作ファンの間では青山が「中村倫也にしか見えない」という声も挙がっており、ファン待望の実写化だ。

-読者の声-
「ストーリーの面白さに加え、中村倫也さんの演技に震えます!」
「ほのぼの癒され系ドラマかと思いきや、不穏な空気もちらりと感じるミステリアスな展開にぐんぐん引き込まれ、後半は青山さんを巡る魅力的なキャラクター達の人間関係にグッときてキュンとして優しい気持ちになれる不思議な素敵なドラマでした」

■最終話「暴力珈琲」「ポップ珈琲」あらすじ/Paraviほかにて配信中
ぼっちゃん(宮世琉弥)が執拗に青山一(中村倫也)を追っていたのは、信頼していた青山の裏切り行為に対する報復だった。垣根志麻(夏帆)やぺい(磯村勇斗)を巻き込んでまで追い詰めようとするが…。そして、これまで沈黙を貫いていた夕張(鶴見辰吾)が、見かねて裏切りの真相を語り始める…。

第10位:「あのときキスしておけば」

金曜ナイトドラマ「あのときキスしておけば」
恋愛ドラマの名手・大石静の完全オリジナルとなる本作は、スーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は大好きな漫画の作者・蟹釜ジョーこと唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい関係までになるが、ある事故から、巴は清掃員・田中マサオ(井浦新)と入れ替わってしまう…という、衝撃の“入れ替わり”ラブコメディ。

-読者の声-
「ももちとオジ巴の可愛さよ。 松坂桃李さんが持つ可愛い部分の魅力を最大限に引き出しているお芝居に魅了。新さん、麻生さん、桃李くんと演技が確かな方のコメディがこんなに面白い事を再認識させてくれています」
「単なる憑依物でなく、コメディ部分あり、泣かせる部分ありでいつもあっという間に終わるくらい夢中で観てます」

■最終話あらすじ/6月18日(金)23時15分~テレビ朝日系
ついにプロポーズを果たした桃地(松坂桃李)は、巴(麻生久美子/井浦新)と初めてのキスを交わす。しかしこれが、桃地がオジ巴に会った“最後の時間”となった。ある日、高見沢から最終回まで一気にアップされていると電話が入り、あの日からずっと田中マサオ(井浦新)のままだという事実に気づく桃地。一方その頃、妙(岸本加世子)や高見沢、東源出版の生馬(角田貴志)のもとに、突然ハイテンションなオジ巴が現れて…。

今回の<作品編>に続き、<キャラクター編>も後日、ランキングを発表します。

「2021年好きな春ドラマは?」シネマカフェ読者アンケートTOP10

1位:着飾る恋には理由があって
2位:ネメシス
3位:リコカツ
4位:大豆田とわ子と三人の元夫
5位:恋はDeepに
6位:コントが始まる
7位:ドラゴン桜
8位:イチケイのカラス
9位:珈琲いかがでしょう
10位:あのときキスしておけば

投票期間:5月18日(火)~5月31日(月)23:59

※5月10日時点で、初回放送がすでに始まった作品を対象としてラインナップしています。
※本アンケートは、読者の皆様の「今のドラマ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close