ニュース

「大掛かりすぎ」壮大すぎる“トリック”に視聴者驚愕!“カザラップ”再登場も話題に…「ネメシス」6話 | .

広瀬すずと櫻井翔が難事件を解決する「ネメシス」の6話が5月16日放送。再び披露された“カザラップ”と、風真たちが犯人に仕掛けた壮大すぎる“トリック”に「今までで一番」「大掛かりすぎ」などの声が続出している。

広瀬さんが天才助手・美神アンナに、櫻井さんがポンコツ探偵・風真尚希をそれぞれ演じ、アンナが事件のトリックを暴き、風真がそれを自分が解いたかのように語っていく…という極上ミステリー・エンターテインメントとなる本作。

広瀬さん、櫻井さんのほか、2人が働く「探偵事務所ネメシス」の社長、栗田一秋には江口洋介。1話でネメシスに依頼を持ち込み、それがきっかけで風真に協力するようになる医者の上原黄以子に大島優子。風真が頼りにする謎の道具屋・星憲章に「KAT-TUN」上田竜也。八景島シーパラダイスでアンナとともに事件に巻き込まれ、それ以来親友となる大学生の四葉朋美に橋本環奈。17歳にして世界から注目されるAI開発の天才で風真に協力する姫川烝位に奥平大兼。失踪したアンナの父の元同僚で現在はジャーナリストの神田水帆に真木よう子といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
6話は膨大なフォロワー数を誇る暴露系動画配信職人、タジミンこと多治見一善(柿澤勇人)がネメシスに現れる。若手人気女優の久遠光莉(優希美青)が行方不明となり探してほしいという。その頃世間では、多治見と光莉が薬物を使用している動画が流出し騒ぎになっていたが、多治見はそれが神田凪沙の仕業で、光莉が凪沙に拉致された可能性があるというのだ。調べを進めるうちに光莉から動画が送られてくる。動画に写っていた廃工場に乗り込むと風真たちだが、そこには光莉の遺体が…という展開。

「ネメシス」第6話(C)NTV
多治見の配信に横からラップで割り込んでくる風真…2話で話題を呼んだ“カザラップ”が再び披露されたことにSNSでは「今日も風真さんのラップ聴けるとは思わんかった」「サクラップまたの名、カザラップが最高でしたっ!」などの反応が。また「サクラップとは違うのよねー。使い分けられるって、器用な人だなー。」とサクラップとの違いに感心する声も。

その後、廃工場で多治見は凪沙と謎の男に気絶させられる。気づくと多治見の周囲には凪沙にアンナ、風真たちの姿が。混乱する多治見を前に風真が“謎解き”を始める。実は多治見が光莉を拉致し殺害しようとしていたのだ。光莉を殺し凪沙に罪をかぶせようとした多治見だが、光莉は生きていた…そもそも多治見の計画を先回りしてアンナや風真たちは光莉を救出。風真たちを欺いたつもりだった多治見だが、騙されていたのは自分…というラストだった。

「ネメシス」第6話(C)NTV
多治見が眠っている間に廃工場を撮影スタジオに再現、TVスタッフ総出で仕掛けた大がかりなトリックに「えーー!!すげえ!!(笑)」「いやまってwww大掛かりすぎて笑う」「まさかスタジオに移動していたなんて」「きょうのトリックと結末、今までで一番スカッとした」など視聴者からも驚きの声が続出している。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close