ニュース

梶裕貴の“アユカケ役”出演に「カジカ科…だから」の声、石原さとみには“生まれ変わり説”も「恋はDeepに」3話 | .

石原さとみ、綾野剛のW主演でおくる「恋はDeepに」の3話が4月28日放送。視聴者の間で石原さん演じる海音の“人魚”説に「もっと深い意味がある」などさらなる考察が進むなか、声優の梶裕貴がアユカケ役で出演したことも話題になっている。

石原さんが謎を秘めた海洋学者の渚海音を、綾野さんが巨大不動産会社の御曹司・蓮田倫太郎をそれぞれ演じ、巨大マリンリゾートの開発を進める倫太郎と、それを阻止しようとする海音が出会い、対立しながらも惹かれあっていく本作。

2人のほか、芝浦海洋大学鴨居研究室の特任研究員、宮前藍花に今田美桜。倫太郎の兄で蓮田トラスト専務取締役の光太郎に大谷亮平。倫太郎の弟で兄らと対照的なキャラの榮太郎に渡邊圭祐。倫太郎の同僚にして親友でもある鶴川優作に藤森慎吾(オリエンタルラジオ)。海音を追いかけるYouTuberのMr.エニシに福山翔大。芝浦海洋大学鴨居研究室の特任研究員で、海音を研究室に迎え入れた鴨居正に橋本じゅん。蓮田トラスト会長兼社長で倫太郎ら兄弟の父親、蓮田太郎に鹿賀丈史といった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
マリンリゾートにホテル誘致が決まったものの、開発予定地である山の一部にまだ手に入っていない土地があることが発覚、大騒ぎになる蓮田トラスト社内。海音が土地所有者のもとに向かうと、そこに倫太郎も現れる。土地所有者の雪乃(堀田真由)に土地を売る気がないことを知り安心する海音だが、亡くなった雪乃の父に莫大が借金が判明。結局蓮田トラストが土地を買収する…というのが今回のストーリー。

「恋はDeepに」第3話(C)NTV
前回、海音の身体が冷たかったことに気づいた倫太郎。海岸でバスを待つ海音のために焼き芋を買って来て2人で分けるのだが、その時海音の手に自らの手を重ね「なんでこんな冷たいの?」と聞くなど、海音の“秘密”に気づき出した倫太郎。一方、砂浜で駆け出した彼女に母親の思い出を重ねて思わず腕を掴むといった行動も…視聴者から改めて「人魚の生まれ変わり的な事なのかな??」「人間になった魚なのかな?」など“人魚説”が再燃するなか、「分かりきって描かれてるってことはもっと深い意味があるんだよ」「お母さん海に沈んで、生まれ変わりが海音??探し物はお母さん?だから指輪持ってる?」など“人間ではない”ことを前提にさらなる“秘密”があると考える声も上がっている。

「恋はDeepに」第3話(C)NTV
また、これまでも若本規夫、高山みなみといった豪華な声優陣が“魚の声”で出演してきた本作だが、今回は梶さんが登場。「今週の魚の声、梶くんだったよねw」「アユカケの声が梶裕貴さん?」などの反応とともに、アユカケがカジカの仲間であることから「カジカ科…だからですかね(笑)名前繋がりも素敵なご縁」といった投稿も上がっている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close