ニュース

飯豊まりえ主演のグルメドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」放送&配信、柄本時生が相手役 | .

モデルで女優の飯豊まりえがテレビ東京ドラマ初主演を務める「ひねくれ女のボッチ飯」が、「Paravi」独占先行配信、その後地上波にて放送されることが分かった。相手役には実力派俳優の柄本時生が決定した。

人づきあいが苦手で友達もおらず、なんとなく日々を過ごすひねくれ女の川本つぐみは、「ホワイトホース」という名のインスタグラムのアカウントに出会う。顔も名前もわからないが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と自分と似ている理不尽な境遇が綴られた投稿に魅力を感じ、自分の白馬の王子様だと信じる。王子と同じものを食べるために、ボッチ飯をするつぐみは、それが日々の楽しみになっていく…。

本作は、ボッチ飯の素晴らしさに触れながら巻き起こる、大きな勘違いとすれ違いの恋を描く、コメディ要素満載な気軽に楽しめる新しいドラマ。人づきあいが苦手で友達もいない、ひねくれ女の川本つぐみを今回演じる飯豊さんは「日頃お昼ご飯のお弁当を2個も食べてしまうこともあるので、もってこいの役に出会えました(笑) 」と食べることが大好きだと言い、「大変なことでいうと、いつもトレーニングに通っているので姿勢が良くなっていまして、監督に『姿勢が良すぎて自信があるように見える』と言われたので、今は日常的に猫背になりながら過ごしています。いろんな食べ物も想いも味わいながら、この役と向き合っていきたいです」と意気込み。

「一人ご飯をされる方も今たくさん増えてきていると思います。私もほとんど一人ご飯です。でも、お店やご飯が人と人との心を温かくして、繋げてくれるものだと改めて思える作品です。そんな一人ご飯への印象がまた更に素敵に感じます。また、おいしいご飯がたくさん登場するのも注目ですが、女の子がなかなか一人では入りづらい居酒屋さんなどにもガツガツ入っていきます。面白い出会いや経験です。女子のボッチ飯を是非覗き見しちゃってください!」とメッセージを寄せている。

飯豊さんとは「誘拐法廷~セブンデイズ~」以来、2年ぶりの共演となる柄本さんが演じるのは、「ホワイトホース」というアカウント名でインスタグラムに食事の写真を投稿する白石一馬。「共演する飯豊まりえさんとは一度しかお会いしたことがないので、現場でお話しできればいいなと思っています」と話し、「ご飯のお話で、口コミの物語でもあると思うので、これを機に、口コミを見て遠くまで足を運ぶこともありなんじゃないかなと思います。楽しくなるよう頑張るので、是非、ご覧ください」とアピールした。

「ひねくれ女のボッチ飯」は4月29日(木・祝)6時~Paraviにて独占先行配信、配信後に地上波にて放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close