ニュース

戦国の伝説の侍がMAPPA×Netflixでアニメ化「Yasuke -ヤスケ-」初映像解禁 | .

「呪術廻戦」「進撃の巨人 The Final Season」など国内外を問わず高い評価を得る「MAPPA」とNetflixがタッグを組んだ完全新作のオリジナルアニメシリーズ「Yasuke -ヤスケ-」が、4月29日より全世界独占配信。ティザー映像とティザーアートが解禁された。

「Yasuke -ヤスケ-」は戦国時代を舞台に、アフリカから奴隷として連れてこられ、初の武士となったヤスケが主人公のファンタジー時代劇。一度は隠居の身となった浪人ヤスケが、謎の力を持つ少女・咲希を闇の力から守るため、再び刀を手に取り立ち向かっていく。

原案、プロデュース、そして監督を務めるのは、前作「キャノン・バスターズ」に続き2作品目のNetflixオリジナルアニメシリーズとなるラション・トーマス。アニメーション制作を「ドロヘドロ」「進撃の巨人 The Final Season」「呪術廻戦」の「MAPPA」が担当、キャラクターデザインを小池健(「LUPIN the Third -峰不二子という女-」)が手掛ける。


ヤスケを演じるのは、第93回アカデミー賞で『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(Judas and the Black Messiah)』(原題)で助演男優賞にノミネートされ、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』や『Death Note/デスノート』などに出演してきたラキース・スタンフィールド。

ラキース・スタンフィールド
初解禁となった映像は躍動するアクションや、戦国時代の豪華絢爛かつ壮大な世界、幻想的なシーンに溢れるもの。

グラミー賞にノミネーションされた経歴を持つフライング・ロータスが音楽で参加。そのほか、メインスタッフとしてチーフアニメーターは岩瀧智、演出チーフは佐藤威、サブキャラクターデザインは嶋謙一、世界観設計・美術設定は西田稔、美術監督は東潤一、色彩設計は佐々木梓、3DCGディレクターは野本郁紀、撮影監督は朴孝圭、編集は武宮むつみと、数々の人気アニメ作品に携わる豪華スタッフの参加が明らかになった。完全新作のアクションファンタジー時代劇がついに幕を開ける。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「Yasuke -ヤスケ-」は4月29日(木・祝)よりNetflixにて全世界独占配信。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close