ニュース

藤原竜也、山田裕貴に「カッコ良かった」「最高でした」など、放送終了を惜しむ視聴者からの声続々…「青のSP」最終回 | .

藤原竜也主演「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」が3月16日の放送で幕を閉じた。数々のアクションをみせてきた藤原さんには「カッコ良かった」、三枝役の山田裕貴に「最高でした」などの声が送られ、視聴者が放送の終了を惜しんでいる。

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」が試験導入された赤嶺中学校。そこに元刑事の嶋田隆平が自ら志願し配属されてくる。嶋田はSNS、薬物、盗撮、マタハラにセクハラと校内にはびこる“悪”を痛快に成敗していくが、嶋田がスクールポリスに志願した真の目的は、赤嶺中学校の音楽教師をしていた嶋田の恋人、小川香里の死の真相を突き止めることだった…という本作。

嶋田隆平を藤原さんが演じ、3年1組担任の浅村涼子に真木よう子。少年係刑事の三枝弘樹に山田さん。逮捕された赤嶺中学の校長・木島敏文に高橋克実。生徒に性的暴行未遂事件を起こし、さらに木島を撃った岡部に遠藤雄弥。教育委員長の尾崎賢治に升毅。岡部に暴行された被害者の生徒、涌井美月に米倉れいあ(821)。美月の友人で賢治の娘だった尾崎香澄に鈴木梨央。嶋田の元恋人の小川香里に明日海りお。泉澤祐希、音尾琢真、石井正則、須賀健太、峯村リエ、山口紗弥加らも出演。

「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」最終話(C)カンテレ
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
岡部によるセクハラ事件の真相。それは涌井が尾崎と結託、岡部に自分を襲わせるよう仕向けたというものだった。謝罪に訪れた木島と香里に対し、涌井の母は慰謝料として420万を要求。木島は岡部を説得し、岡部は自分の保険を解約して慰謝料を支払っていた。その慰謝料を涌井は将来の学費に充てようとしていた…。

「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」最終話(C)カンテレ
「ズルして手に入れたものに何の価値もない」と涌井たちに言い放つ嶋田。視聴者からも「ズルして手に入れたものに何の価値もない。ほんとそれ」「涌井と尾崎はさすがに許されちゃダメ」という声が上がる一方、「岡部も普通に悪くない?」といった反応も。

その後、学校に潜入していた岡部が三枝を撃ち、教室に乗り込むと涌井と尾崎に銃を向ける。そこに嶋田が現れ2人は一騎打ち…嶋田は肩を撃たれつつも岡部を逮捕。結局スクールポリス制度は見送りとなり、嶋田は交番勤務として新たな道を歩む…というラストだった。

「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」最終話(C)カンテレ
緊迫感溢れる一騎打ちシーンをはじめ数々のアクションをみせてきた藤原さんに「アクションカッコ良かったです」「良い声でシビアな正論言ってアクション決める藤原竜也が見れて良かった」など、藤原さんのアクションを讃える声がSNSに続々と上がっているほか、また三枝演じる山田さんにも「三枝くんに会えないと思うとしんどいな」「嶋田さんと三枝の絡みが大好きでした。最高でした。寂しい気持ちでいっぱいです」といった反応が送られている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close