ニュース

古川琴音&渋川清彦ら出演、濱口竜介監督『偶然と想像』ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞 | .

第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されていた、『寝ても覚めても』濱口竜介監督の新作となる短編集『偶然と想像』(英題:wheel of fortune and fantasy)が審査員グランプリ賞(銀熊賞)を受賞。濱口監督やキャスト陣から喜びのコメントが到着した。

本作は、タイトル通り「偶然」と「想像」をテーマにした3話オムニバスから成る濱口監督初の短編集。濱口監督自身が『ハッピーアワー』などのプロデューサー・高田聡とともに企画立ち上げを行い、2019年夏から約1年半をかけて製作した。3話の脚本はすべて濱口監督自身が手掛け、撮影は『うたうひと』『ひかりの歌』の飯岡幸子が務めている。

濱口監督は、「経験豊かな監督たちが揃った『審査員からの賞』が贈られたということを心から嬉しく、誇らしく思っています。撮影中ずっと、役者の演技を見ながら、カメラの後ろで驚いていました。その驚きが海を超えて伝わったことに感激しています。この映画、一番の見どころはと問われたら『役者の皆さんの演技』だと答えます」と、キャスト陣を称えるコメント。

「会議室のようなリハーサル部屋で始まった時間が、このような結果にまで結びつきました。この物語の価値を信じて参加し、最高の演技をしてくださった役者の皆さんにこの場を借りて、御礼を申し上げたいと思います」と語り、「その役者の演技を支えるようにして、献身的に仕事をしてくれたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。演技の素晴らしさは皆さんがつくってくれた環境から生まれたものです」とスタッフをねぎらった。

各話のキャストからコメント到着

第1話 『魔法(よりもっと不確か)』

モデルの芽衣子(古川琴音)は親友のヘアメイク・つぐみ(玄理)が「いま気になっている」と話題にした男が、2年前に別れた元カレの和明(中島歩)だと気づく。芽衣子はどうすべきか思案する。

『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
古川琴音
受賞の知らせを聞いて、とても嬉しく思います。
このような素敵な作品に参加出来たことを幸運に思います。
私の俳優としてのキャリアはまだ始まったばかりですが、ひとつひとつの仕事をより一層大切にしていこうと、身の引き締まる思いです。

中島歩
「人を振り向かせる声」を探すところから始まったこの作品が、ひとつの大きな成果を得たことに興奮しています。それぞれが創造力を発揮し、信じ合えた結果だと思います。

玄理
濱口監督の書く物語と言葉、独特のリハーサル期間、穏やかな表情に見透かされるような目、今日の台本はどんな台詞が、シーンが加えられているんだろう…まだここ数年の出会いなのに毎度濱口監督の現場に行く時間がいちばんの楽しみでした。その俳優としての喜びがスクリーンを通して今回ベルリン映画祭の審査員の方々に伝わったんだなと思うと感無量です。自分の信じる力をもう一度信じてみたくなりました。濱口監督、そしてスタッフキャストの皆様、おめでとうございます。

第2話 『扉は開けたままで』

大学教授・瀬川(渋川清彦)は50代にして芥川賞を受賞した。彼に落第させられた男子学生・佐々木(甲斐翔真)は逆恨みから彼を陥れようと、同級の女子学生・奈緒(森郁月)に瀬川の研究室を訪ねさせる。

『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
渋川清彦
やったぜ! 濱ちゃん、おめでとう! 常に進歩しながらも変わらない濱口節というか濱口竜介が好きです。ベルリンの地で祝杯をあげたかったが仕方がないので、PCR 検査を受けて東京で祝杯をあげたいところですね。これからも希望をみせてください。この作品に限らず声をかけてくれてありがとう! またよろしく!

森郁月
銀熊賞受賞と聞き、感激しそして大変嬉しく思います。強い意志を持って完成まで導いてくださった濱口監督、そしてスタッフ、キャストの皆様に感謝します。この作品を撮影した頃から完成までの間に、世の中の状況は大きく変化しましたが、この受賞を機に、世界中の皆様の元へこの作品が届くことを願っております。

甲斐翔真
銀熊賞受賞の吉報を耳にして、大変嬉しく思っております。この映画では、今までの自分にはない、挑戦的な役を演じさせて頂き、濱口監督の世界観にどっぷり身を任せ、見たことのない景色を見せて頂きました。この賞をきっかけに、海を越えて、より多くの方に届いて欲しいなと思います。

第3話 『もう一度』

仙台で20年ぶりに再会した二人の女性。夏子(占部房子)は東京でシステムエンジニアに、あや(河井青葉)は仙台在住のまま2児の母になっていた。高校時代の思い出話に花が咲くが、会話は次第にすれ違ってゆく。

『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
占部房子
「時間をかけて作品を作りたいんです」と、共有する全ての時間を真摯に謙虚に創造していく濱口監督が作り出す時に身を置き、素晴らしい経験をさせて頂きました。
『偶然と想像』は他者の内面に入り込む様で、実は自分の内面がすでに持ち合わせて居るのかも知れないと、深い驚きを体感する作品ではないかと思います。どうぞ、多くの方が濱口監督の作品世界を存分に楽しまれますように!

河井青葉
銀熊賞! ばんざい!
濱口監督の映画作りは私にとっても、映画界にとっても未来を切り開く一歩だと思っています。丁寧に時間を重ねるということの大切さを改めて感じる経験で、今回このような素晴らしい賞を授かったことはまさにその答えなのではないかと思っています。心からおめでとうございます!

『偶然と想像』は日本での劇場公開は未定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close