ニュース

木村拓哉“風間”が右眼を失った理由に「衝撃的すぎた」「続編あるんだよね?」などざわめくTL…「教場II」後編 | .

木村拓哉主演で人気ミステリー小説をSPドラマ化する「教場II」の後編が1月4日オンエア。エンディングロールが終わり、最後に明かされる風間が右目を失った理由…衝撃的なラストに「明らかに続く」「続編あるんだよね?」などTLがざわめいている。

長岡弘樹の「教場」シリーズを原作に、警察学校という密室で生徒たちの抱えるさまざまな葛藤や秘密が渦巻き、次々と巻き起こる事件を乗り越え、卒業していくまでを描く本作。

木村さんが冷徹で“最恐”の警察学校教官・風間公親を演じ、今回のメインとなる風間教場200期の生徒に濱田岳、福原遥、矢本悠馬、杉野遥亮、目黒蓮(Snow Man)、岡崎紗絵、戸塚純貴、樋口日奈(乃木坂46)らが扮し、199期の生徒役には上白石萌歌、重岡大毅(ジャニーズWEST)、三浦貴大、葵わかな、佐久間由衣といった顔ぶれ。さらに松本まりか、北村匠海、佐藤仁美、和田正人、高橋ひとみ、小林薫、光石研、小日向文世といった面々も出演した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
前編のラストで、夜の教室で見つめ合っていた副教官見習いの田澤愛子(松本さん)と比嘉太偉智(杉野さん)。後編では愛子が風間に対し、比嘉太に言い寄られ2人で会っていたことを告白するのだが、風間はそれが嘘で愛子が一方的に比嘉太に迫っていたことを見抜く。しかも警察学校を成績トップで卒業したというのも偽りだった。愛子は前の上司に責任をなすりつけられ、その怒りを今の上司である風間に向けていた…。


この展開に「意外なキャストと最初思ったけどこういう展開か!」「松本まりか様を起用したのはこういうことかと震える」「松本まりかさんの起用に納得する」などの声が続々と集まる。

また石上史穂(上白石さん)が休学した理由も明らかに。1年前、史穂は優秀で総代の位置を争う出馬求久(重岡さん)と浦美慶介(三浦貴大)と友情を深めていたが、交通取り締まりの授業で出馬が浦美を轢いてしまい、そのことを苦にした出馬は学校の屋上から飛び降り、落ち込んでいた出馬を傷つけ追い込んだことで自分を責めた史穂は心に傷を負い休学したことが明かされる。


後半からの登場ながら圧倒的な存在感を見せた重岡さんに「一気に視聴者を出馬の感情に引き寄せる演技力」「素晴らしい演技で教場の世界観に溶け込んでいて感動」といった声が相次ぐ。

その後物語は200期の卒業式へ。鳥羽暢照(濱田さん)と握手した際「私の右目のことで覚えがあるな」と告げる風間。エンディングロールが終わると大雨のなか、後輩の遠野章宏(北村さん)と張り込みをする刑事時代の風間が映し出される。刃物のようなものを持った男を見つけると、風間が止めるのも聞かず1人で男を追いかける遠野。

その後、「すいません、見失いました」と戻る遠野だが、傘を開いた瞬間、男に後ろからメッタ刺しに。救援を呼ぶ風間だが男のドライバーが風間の右目に…。その後男が逃走中にぶつかったのが鳥羽だった…というラストで物語は締めくくられた。

風間が義眼になった理由と、犯人の顔を鳥羽が見ていたことが判明したまま終了というラストに「教場IIのラスト衝撃的すぎた」「怖いよー!教場II、また次もありそうだね」「絶対教場3に続くやん」「続編あるんだよね?また来年?」など、放送後のタイムラインがざわめいている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close