ニュース

石橋蓮司、18年ぶりの主演映画が「遺作になるかも!?」と苦笑「生前葬みたいな感じでした」 – 映画 .

石橋蓮司が『一度も撃ってません』で18年ぶり映画主演

石橋蓮司18年ぶりの主演映画『一度も撃ってません』(4月24日公開)の完成報告会が、3月9日に有楽町朝日ホールで開催され、石橋、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、江口洋介、妻夫木聡、新崎人生、井上真央、渋川清彦、前田亜季、小野武彦、阪本順治監督が登壇。石橋は豪華な共演陣について「『石橋蓮司さんの遺作になるかもしれないので』と言って、監督と制作部が集めたんじゃないかと。撮影中は、生前葬みたいな感じでやらせていただきました」と言って笑いをとった。

佐藤も、「石橋蓮司、最後の主演作というお題で誘われたような気がします。言ってなかったっけ?」とおちゃめに言うと、阪本監督は「言ってません」と笑いながら否定。佐藤が「すいません!僕の勘違いでした」と頭を下げ、会場から大きな笑いが起きた。

児玉道夫役の佐藤浩市

児玉道夫役の佐藤浩市

桃井は阪本監督作で原田芳雄の遺作となった『大鹿村騒動記』(11)についての話を持ち出す。「原田芳雄さんの最後の映画を、阪本さんが自力で撮ってくれたのは日本映画界で一番いい話で。でも、今回は蓮司が元気なうちに、余力があるうちに、力を発揮させてということで。これで蓮司が死ぬと、本当に阪本さんと撮ると、死ぬってことになるから、絶対に死ねないの」と言って、会場を笑いに包んだ。

本作で、伝説のヒットマン役を演じた石橋。そこで、一番最初に現場入りをしたある日、ヒヤリとしたという爆笑エピソードを披露。「目の前にパトカーが止まりまして、『窓をちょっと開けていただきたい』と。そこで僕が『なぜ、開けるのか?』と言って、しばらく押し問答が続きまして。そしたら、向こう側のお年寄りの警官が、応援を呼んでますと…」と苦笑い。

全員でフォトセッション

全員でフォトセッション

石橋は、その前に拳銃を使ったシーンを撮影していたので、車内にその小道具である拳銃があると誤解されるのではないかと気を揉んでいたようで、時間稼ぎをしていたらしい。「でも、ちょっと長く引っ張りすぎたんです(苦笑)。ようやくスタッフの方たちが駆けつけて『ああ、撮影ですか』と引いたんですが、その前に、『俺って知らねえのか、この野郎!』と。こっちは児童劇団からやってるんだぞと。俺を知らなかったことに、ショックを受けました」と言うと、会場はまた、大爆笑となった。

取材・文/山崎 伸子

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close