ニュース

坂口健太郎、パイロット役に初挑戦! 広瀬すずと淡い恋「エアガール」 | .

坂口健太郎が、来春放送予定の広瀬すず主演スペシャルドラマ「エアガール」に出演することが明らかに。ヒロインと淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年を演じる。

本作は、“空”への憧れを胸にどこまでもひたむきに激動の昭和を駆け抜けた、戦後初のCAの姿を描くドラマ。日本人が日本の空を飛ぶことが許されていなかった戦後、日本人の手で航空事業を立ち上げるという壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも描き出していく。

今回坂口さんが演じるのは、パイロットになるという夢を抱きながら、戦後初の日本の航空会社設立に奔走する三島優輝。主人公・佐野小鞠(広瀬さん)にエアガールという仕事を教え、彼女を空の世界へと誘う重要な役どころとなっている。

テレビ朝日ドラマ初出演、パイロット役も初となる坂口さんは「僕はこの作品から“時代のエネルギー”をすごく感じたんです。戦後、さまざまなものが不足する中で、日本初の航空会社設立という夢を追う人たちのあふれ出るエネルギーみたいなものを、僕なりの解釈で三島という人物に落とし込めたらいいなと思いました。あと監督からアドバイスされたのは、戦争中、海軍に属していた三島は常に自分を律している、ということ。その内面が姿勢や顔つきに表れるとアドバイスされたので、そこは気をつけながら演じました」とコメント。また、“機長の証”ゴールドの4本ラインが入ったユニフォームを坂口さんがクールに着こなすと、その姿に現場の女性スタッフからは黄色い声があがっていたとか。

そして、これまで広瀬さんと坂口さんは同じ映画に名を連ねたことはあるものの、同じシーンに出演したことがなく、本格的な共演は今回が初めて。坂口さんは「広瀬さんはよく笑われる方ですね。大変なシーンや張り詰めたシーンなどがあってもカットがかかるとニコニコされているし、風通しがいいというか、現場全体にいい風を運ぶ女優さんだなって思いました」と印象を明かし、一方の広瀬さんは「『さわやか~!!』というのが第一印象でした(笑)。坂口さんは見た目、ものすごくさわやかなんですけど、お話ししてみたら…とっても面白い方ですね!」と語った。

本作では、小鞠と三島の淡い恋模様も大きな見どころの一つ。坂口さんは「2人の間に恋を感じる場面もあるのですが、彼女はエアガールとして、僕は日本の航空会社設立に奮闘する一員として、同志みたいなところもあって…。この時代背景の中、素直に思いを告げられない2人のシーンは演じていて、とても美しい瞬間だと思いました」とふり返り、広瀬さんは「2人の恋愛感情が動く瞬間を、監督が『ここはラブシーンの“ような”シーンだから』とおっしゃっていたのですが、そのニュアンスがとても絶妙だなと思いました。私自身も最初は『“ような”ってどういうこと?』と思っていたのですが、憧れなのか、恋なのか、その狭間での小鞠の心の揺れがとても繊細で、もしかしたら彼女自身もハッキリ恋心に気づいていないかもしれない…。だからシーンによって、ここは三島さんを意識しないでいようとか、ここは意識しているな、と演じわけました」と丁寧に表現したことを明かす。

また今回の坂口さん出演発表と同時に、CAの制服を着た広瀬さんと、パイロットのユニフォームをぴしっと着こなした坂口さんの2ショットも公開された。

スペシャルドラマ「エアガール」は2021年春、テレビ朝日にて放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close